文学部文学科

「カナダ・クイーンズ大学語学留学2019」報告③

19.08.31

聖徳大学文学部では、毎年、2年生が英会話力の向上と国際性を身につけるための語学留学プログラムに参加しています。
カナダ・クイーンズ大学で約4週間の 語学プログラム QSoE(Queen’s School of English)に赴き、午前は180分ごとのレッスンで12回、午後は80分の授業9回を受けられます。語学を通じて異文化の生活様式や習慣を学んだり、こちらから日本の伝統文化を紹介するプレゼンテーションも行います。また、教室の外では、大学での行事や各国から来た学生との交流にも参加し、親睦を深めています。

8月11日 週末観光

幸いお天気もよく、オタワ、モントリオールを満喫してきました。ただ、首都オタワでは国会議事堂の中に入れなかったのは残念でした。ちなみにこの写真は、仲良くなったばかりのお友達に撮ってもらいました! 関西の大学から来たそうです。

とても広い植物園で、全部は見られませんでしたが、とても綺麗なお花がいっぱいで舞い上がりました。

午後はノートルダム大聖堂に行きました! 腹部先生が「とても綺麗だから!」とお勧めしてましたが、想像以上に綺麗で感動しました。学芸員の方に歴史を説明してもらい、たくさん写真も撮りました。

8月13日 サプライズ・アクティビティー!?
時間割には “Elbow Lake” とだけ書いてあった今回の企画。一体、何をしに行くのかもわからず、バスに乗ること30分、着いたところは湖しか見えないところでした。
「今日は釣りとカヌーをやりまーす!」 みんな「!?」(ざわざわざわ…)
心の準備も何もないまま、釣りやカヌーに初挑戦! 魚はうまく釣れなかったようですが、カエル捕りに張り切った人もいました!
 
では次回のリポートをお楽しみに!

【2019年度】
① シカゴ到着&トロントへ!
② 入寮から買い出しへ

【2018年度はこちら】   
【2017年度】   

PAGE TOP