文学部文学科

教員紹介

英語・英文学コース

竝木崇康(コース主任 教授) 「英単語の成り立ちとディズニー」は私におまかせください!

授業の特徴

英語(と日本語)の単語や他の表現が持つとても面白い特徴について、主として身近な物を表わす表現(「リンスインシャンプー」や “microwavable”(電子レンジで使っても大丈夫な)など)に光をあてて理解を深めることが狙いです。

経歴

東京教育大学(筑波大学)文学研究科英文学専攻博士課程中退、文学修士、茨城大学教育学部教授を経て茨城大学名誉教授


伊藤笏康(教授)

授業の特徴

卒論は自分の考えを文にすることで、自分の知らない面に気づくことが一番大切だと思います。主題の制限はありません。これまでのテーマは、中世のイギリスの料理を復元する研究、ミッキーマウスの性格変化を追う、などです。

経歴

農学部出身ですが、そののち哲学を勉強し、今は英語やラテン語も教えています。


腹部 千代子(教授) 「英文学を楽しむ!!」なら私におまかせください!

授業の特徴

英語の読解力を向上させるには、速読と精読、どちらも重要ですが、授業では、 詩、小説、劇、エッセイ等の様々な英語をじっくりと味わいながら読んでいます。 また、ネイティヴ・スピーカーの人たちの英語をCDで聴いて、音読することも授 業の中で大切にしています。「英文学を楽しむ!!」とは? ― イギリスの文学作品を英語で味わい、作家の生涯、作品の時代背景を理解し、映画化されていればDVDを観る、さらには、作家や作品に縁のある場所を写真や映像で見る、あるいは旅する!!というように、その世界に全身どっぷりと浸るということです。

経歴

茨城大学卒業。ヨーク大学大学院修士課程、筑波大学大学院修士課程修了。奥羽大学歯学部助教授を経て、現職。


長橋雅俊(准教授) 「SEEP TOEIC」は私におまかせください

授業の特徴

「SEEP TOEIC」は私におまかせください! 膨大な英文のコンピュータ・ソフトによる分析によって、洋画のセリフや学生の作文などでよく使われる単語を調査します。ビデオ録画から学生の行動パターンを観察しながら,効率的な英語の勉強法を考察していきます。

経歴

埼玉の県立高校で英語科教諭として6年勤め、筑波大学大学院に進学。茨城大 学、駿河台大学などを経て、現職。<専門分野>言語習得を専門とし、英語科教育法などの教職課程を担当します。高等学校の現 場経験から、特にライティング(英作文)は指導が難しいといわれますが、創作 の難しさを楽しさに変換できる方法を探求しています。


佐々木 優(専任講師) 「アメリカ文化・文学とTOEIC」は私におまかせください!

授業の特徴

多種多様でダイナミック、そんな奥深いアメリカという国について、意外と私たちは知らないことも多いと思います。映画・音楽・スポーツなど、いろいろな文化や文学作品を学びながら、TOEICのスコアも一緒に上げていきましょう。授業では、アメリカの文化・文学について基本的な知識を学んだあと、英語でテキストを読みます。さらに映画などの映像資料をみたり、それをもとに話しあったりすることで、いろいろな角度から理解を深められるような授業を心がけています。

経歴

筑波大学大学院人文社会科学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。カナダとアメリカに住んでいたことがあります。


Peter Vincent(教授)

授業の特徴

授業では、主に英会話と異文化間コミュニケーションを教えています。役に立つ実用的な英語を学べるよう、アクティビティベースの授業を行っています。また専門分野別に英語学習ができるよう、各学部のニーズに合わせた授業を行っています。

経歴

カリフォルニア州立大学サンタバーバラ校にて教育学の修士を取得。異文化間コミュニケーショントレーナーとして各企業でトレーニングを行ったのち、現職。


Alan Meadows(准教授)

授業の特徴

授業ではアクティブラーニングが中心です。ただ座って私の話を聞くのではなく、実際に英語を話し、ペアワークやグループワーク、プレゼンテーションをしてもらうので、難しいと感じるかもしれません。でもとても楽しいクラスです!

経歴

イギリス、ロンドンのGreenwich出身。日本で20年以上英語を教えています。なぜそんなに長く日本にいるの?と思われるでしょう。それは日本が大好きだからです!


Adauto Diniz(准教授)

授業の特徴

英会話を中心に、コミュニカティブな英語を教えています。クラス内では学生が質問をし、本を読み、エッセイを書き、プレゼンを行い、また自分たちでお互いに評価も行います。 科目としての英語ではなく、ツールとして英語が使えるよう力を入れています。

経歴

大学ではビジネス専攻、テンプル大学大学院で英語教授法の修士を取得。4か国に住んだ経験があり、5か国語を話します。


中里菜穂子(准教授)語学教育センター副センター長

授業の特徴

国内外の多様な社会で多様な人たちと関わるためには、高いコミュニケーション能力が必要です。異文化理解や自己理解を深めるため、コーチングを取り入れた授業を研究し、英語で効果的なコミュニケーションができるよう心がけています

経歴

アメリカで難民の定住促進の仕事をしたのち、外資系企業人事、日本とアメリカの大学英語非常勤講師を経て、現職。


太田有希(専任講師)

授業の特徴

英語は教科書と向き合うだけでは身につかないので、授業では学生のアウトプットを重視し、アクティブラーニングを取り入れています。1人でも多くの学生が「英語」=「楽しい」と思えるような環境づくりを大事にしています。

経歴

マサチューセッツ州にあるクラーク大学を卒業後、テンプル大学大学院でTESOL修士を取得。助手を経て、現職。


ゴメス近森由美(専任講師)

授業の特徴

大学生が一般英語を勉強する目的は、将来英語を使って外国の人たちとも対等にかかわることができる基礎力をつけるためです。教室を「英語を学習する場」から「英語で人とかかわるための学習をする場」にするべく授業を行っています。グループプロジェクト(PBL)やロールプレーなどを多く取り入れ、学生の皆さんが自ら考え、他者と協力しながら学習していける環境づくりに努めています。

経歴

大学ではジャーナリズム、スペイン語、ラテンアメリカ研究学を専攻。テンプル大学大学院でTESOL修士を取得。広告代理店勤務後、英会話スクール講師、専門学校講師、企業英語講師、国内の複数大学にて非常勤講師などを経た後、現職。


日本語・日本文学コース

重里徹也(コース主任 教授) 「村上春樹など現代文学」なら、私におまかせください!

授業の特徴

ゼミのモットーは「生は喜びだ。文学とはそれを自覚させるもの」という作家、辻邦生の言葉です。時代背景や作者の生涯も踏まえながら、作品の魅力そのものに食らいついていきましょう。言葉による表現力を鍛えることも大切にしたいと思います。エッセイや小論文を書く授業「日本語表現法」は文章力を向上させます。

経歴

毎日新聞で学芸部長や論説委員を務めた。文芸評論家として活躍し、多数の著書、書評、文庫解説を執筆。<専門分野>村上だけではありません。太宰治や川端康成、三島由紀夫、井上靖、開高健から小川洋子や多和田葉子まで、日本の近現代の小説を幅広く研究しています。歴史・時代小説やミステリーも大いに扱っていきたいです。


松本麻子(教授) 「古典の沼にはまりたい」なら、私におまかせください。

授業の特徴

大学は研究をする場所です。自分でテーマを見つけなければなりませんが、これは、何をやってもよいということなのです。『平家物語』の刀剣に注目するもよし、西鶴とBL小説を比較するもよし。たくさんの作品の中から好きなものを選び、どっぷりと沼にはまってもらいましょう。

経歴

青山学院大学大学院文学研究科(日本文学・日本語専攻)博士後期課程(文学専攻)満期退学、博士(文学)。医療創生大学(旧いわき明星大学)を経て2020年現職。 <専門分野>鎌倉から江戸時代までの古典文学を担当しています。専門は連歌というマニアックな文芸です。昔の人は朝から晩までずっと連歌をしています。連歌のどこがそんなに楽しかったのか、といったことを考え続けています。


李 哲権(准教授) 「夏目漱石の文学」なら、私におまかせください!

授業の特徴

中国出身で中国語、朝鮮語も堪能です。専門は比較文学比較文化。最近は夏目漱石をはじめ、ミラン・クンデラの『存在の耐えられない軽さ』に夢中です。一緒に楽しく文学を学んでいきしょう。漱石は東洋も西洋も良く知っている二足のわらじを穿いた文人的で知識人的な小説家です。漱石文学との出会いは、皆さんに東洋と西洋を知る良き機会だけでなく、自分を豊かな教養を持った存在にする機会も提供します。

経歴

1959年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科 比較文学比較文化専攻博士課程単位取得退学。趣味は美術鑑賞。


諸井 彩子(准教授) 「源氏物語など平安時代の文学」は私におまかせください!

授業の特徴

千年前の文化と現代を比較しながら、和歌や物語の魅力を深く理解する授業を展開しています。特に注目しているのは、平安時代の女性が、どのような人生を送り、どのように文学作品を成立させていたか、ということです。ゼミでも、女性の手による和歌、あるいは源氏物語をはじめとした物語をとりあげ、実証的に解釈する方法を考えていきます。

経歴

お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士後期課程単位取得退学。 博士(人文科学)。都内の私立高校で非常勤講師として13年勤務し、2018年から聖徳大学文学部。著書『摂関期女房と文学』が第二次第十四回関根賞受賞。 <専門分野>平安時代に生まれた文学作品の多くは、清少納言や紫式部といった、宮中で働く「女房」と呼ばれる女性たちによって書かれました。千年前の働く女性たちがどのように文化的な活躍をしていたのか、作品に触れながら一緒に学びましょう。


歴史文化コース

黒須利夫(コース主任 教授) 「平安時代の貴族と武士」は私におまかせください!

授業の特徴

日本古代史の授業を担当。高校の教科書には書いていなかったこと、例えば怨霊・ケガレ・十二単・食事など、様々なテーマを取り上げます。奈良・平安時代の社会やそこに生きた人々のことを、楽しみながら考えます。

経歴

筑波大学大学院歴史・人類学研究科単位取得退学。博士(文学)。筑波大学文部技官・助手を経て、聖徳大学へ。<専門分野>『延喜式』を中心とした平安時代における法制度です。10世紀成立の『延喜式』には、政治・社会に関する約3,300条の法律が収められています。『延喜式』を読み解くことにより、菅原道真や平将門らが生きていた平安時代の社会についてより深く知ることができます。


大庭邦彦(教授) 「新撰組」は私におまかせください!

授業の特徴

ゼミでは、学生が自分なりの時代のイメージを作れるように、代表的な資料をみんなで読み、楽しく議論していきます。授業では歴史資料から立ち上がってくる歴史像を大切に、史実を考えることに配慮した授業づくりを心掛けています。

経歴

早稲田大学大学院で幕末から明治前半期の政治史を学びました。日本近現代史など、近現代史分野の授業を担当しています。


桑原規子(教授) 「美術作品の見方・鑑賞」は私におまかせください!

授業の特徴

授業では、日本の絵画、彫刻、建築、工芸、デザインなどをスライドで見ながら、その作品が生み出された時代や人々の生活について考えます。また、他国の芸術作品との比較を通して、日本文化の特質とは何かを探ります。授業の一環として、美術館や博物館を訪れ、実作品を見ることも大切にしています。

経歴

大分県生まれ。お茶の水女子大学文教育学部卒業、筑波大学博士課程芸術学研究科修了。博士(芸術学)。2003年から聖徳大学。<専門分野>日本美術の歴史です。美術作品には、制作者の個性とともに、それが生み出された時代の社会や文化の影響が色濃く反映されています。作品を読み解くことによって、誕生の経緯や社会的背景を考察します。


松尾昌彦(教授) 「古墳と博物館」なら私におまかせください!

授業の特徴

「モノ」から歴史を復元する考古学を専門的に学ぶゼミです。遺跡や博物館などで資料に触れることを通じて、学問的課題を探求するゼミを目指しています。授業では、ビジュアル資料を用いて体系的な日本考古学の講義を行っています。

経歴

茨城県生まれ。筑波大学大学院歴史・人類学研究科博士課程単位取得退学。博士(文学)。博物館学芸員を経て、2007年から聖徳大学。<専門分野>主に東日本における古墳の調査・研究を行っています。古墳時代関係の著書として『古墳時代東国政治史論』などが、考古学担当学芸員として担当した企画展示に『はにわの十字路』(松戸市立博物館)などがあります。


石本敏也(准教授) 「民俗学、特に古い日本の生活」は私におまかせください!

授業の特徴

わらを見たことがありますか?今では神社のシメナワとして目にしますが、 少し前の日本では、靴もレインコートもわらで作られていました。過ぎ去った日 本の生活文化を探します。 授業では、何気なく過ごす日常を立ち止まって考える、民俗学を勉強します。 節句や昔話など身近に豊かな歴史があります。 学びを通せば、そんな今まで見過ごしてきた多くの歴史に気づきます。 その気づきから、当たり前を問う姿勢が身に付きます。

経歴

筑波大学大学院博士課程歴史・人類学研究科文化人類学専攻修了博士(文学)。文化の継承について楽しく勉強しています。


書道文化コース

岩井秀樹(コース主任 教授) 「かな書道」は私におまかせください!

授業の特徴

私の授業では、歴史上著名な「かな古筆」と日本書道史をリンクさせつつ、日本固有の文字である「かな」を楽しみながら理解し、書作できることを目標にしています。

経歴

慶応義塾大学文学部卒。大東文化大学講師を経て、現在、謙慎書道会常任理事、読売書法展常任理事、日展会友。平成25年、平成29年読売書法展準大賞受賞。平成29年日展特選。<専門分野>かな書道


吉田洪崖(教授)

授業の特徴

書道は文字を書く芸術です。書を学ぶ学生にとって、書写能力を高めることは当然のこと、併せて素材となる文学についての詳細な知識を得ることも重要です。授業では、技術と理論を二本の柱として指導を進めています。

経歴

東京教育大卒。筑波大講師等を経て、現在、謙慎書道会常任理事、読売書法会常任理事、日展会友。平成15年読売書法展大賞受賞。


小倉太郎(准教授) 「漢字書道」は私におまかせください!

授業の特徴

大学における書道では、実技の向上は勿論大切ですが、併せてその素材となる文字や歴史等、様々な知識を得ることも重要です。四年間の授業では、実技と理論の両面において、習熟度が高まるよう指導を進め、将来への礎を築くことを目標にしています。

経歴

筑波大学大学院修士課程芸術研究科修了。筑波大学非常勤講師等を経て、現在、読売書法会幹事、日本書芸院一科審査会員。<専門分野>中国書法(特に隷書に関する分野)


図書館情報コース

村山隆雄(コース主任 教授) 図書館の資料保存のことならおまかせください!

授業の特徴

「図書館が公費で運営されるわけ」「図書館は必要とされているか」を意識して授業を進めています。「ゼミはふるさと」をモットーに、創意工夫しながら卒論を仕上げ、学生の皆さんが社会で活躍できる準備を進めます。

経歴

九州大学大学院理学研究科(修士)。1973年国立国会図書館入館、IFLA/PACアジア地域センター長、国際子ども図書館長、調査及び立法考査局長などを経て退職。2010年国際協力機構(JICA)のシニアボランティアとしてネパール国立図書館にて活動。2013年聖徳大学文学部教授。<専門分野>資料保存、多文化サービス


片山ふみ(准教授) 「児童文学・絵本・昔話」は私におまかせください!

授業の特徴

学生の興味関心と自由な発想を後押しする授業を目指しています。そのためゼミでは昔話、LGBTQ+、オタク文化…どんな希望でも受け入れ、誰のテーマであっても全員で議論し、図書館情報学の多面性を楽しみながら学びます。

経歴

北海道の大自然の中で愛犬と転げまわりながら育ちました。筑波大学大学院図書館情報メディア研究科博士後期課程修了。博士(図書館情報学)。<専門分野>児童サービスや児童向けメディア、それらを取り巻く人や文化に興味をもっています。現在は、児童書出版者の研究をベースに、多様な職業人(司書、保育士、幼稚園教諭など)の絵本に対する価値観を研究しています。


石井大輔(准教授) 「未来の図書館を考える」なら私におまかせください。

授業の特徴

図書館を社会の多様な側面から捉え、将来を展望します。例えば法律。図書館法と著作権法は、共に「文化の発展」を目指すクリエイティブな関係にあります。「本をタダで借りられるのはなぜ?」「図書館は必要?」こうした疑問も具体的な事例とともに条文を読み解くことで考えることができます。

経歴

大学では法学部政治学科を卒業。筑波大学大学院図書館情報メディア研究課博士後期課程単位取得退学。島根県立大学准教授を経て、現職。


教養デザインコース

菊地 克彦(コース主任 教授) エアライン業界への就職は私におまかせください!

授業の特徴

航空・ホテル・ブライダル・テーマパーク等のホスピタリティ産業を中心に、企業論やマネジメント論、コミュニケーション論等をグループ学習を交えて楽しく学んでいきます。

経歴

北海道大学法学部卒。筑波大学大学院教育研究科修了。修士(教育学)。 航空会社、情報サービス会社等で長く採用・人事業務に従事。複数の企業で人事責任者を経験。<専門分野>「人的資源管理・組織行動」「キャリア教育・職業教育」


髙橋裕樹(教授)  キャリア形成とビジネスリテラシーは私におまかせください!

授業の特徴

キャリア科目、ビジネスコミュニケーション科目を担当します。社会人として基盤となるコミュニケーション力を身につけるため学生参加型の授業を行います。

経歴

立命館大学大学院 経営学研究科博士課程単位取得満期退学。リクルートグループ、アンダーセンコンサルティングを経て起業、現在に至る。<専門分野>キャリアカウンセリング、人材マネジメント、組織行動「モチベーション」「キャリア」を研究テーマとし、自身は社会起業家をライフワ-クとしています。


齋藤 豊(准教授) 「ヨーロッパ文化とフランス語」なら私におまかせください!

授業の特徴

担当科目は「フランス語」(主にI、II、III、IV)です。反復練習により、日常的に必要なフランス語を、海外研修先で、また将来的に仕事などで「使えるフランス語」の習得を目指します。

経歴

1951年仙台生まれ。1979年中央大学大学院博士課程中退。専門はフランス語・フランス文学です。<専門分野>広い意味での専門分野はフラ語、フランス文化、ヨーロッパ文化。それを背景として,限定的には19世紀のフランス詩の変遷,特にアルチュール・ランボーの詩と生涯を研究の中心としている。フランス映画を中心とする映画論も。


熊井明子(准教授) 「エアライン業界を目指す」なら、私におまかせください!

授業の特徴

ホスピタリティ、ビジネスコミュニケーション、キャリアの授業を担当。ディスカッションと発表を重視したアクティブラーニング型の授業を展開しています。キャリア構築論をベースに、ホスピタリティや組織行動についての考察を深めていきます。

経歴

法政大学大学院キャリアデザイン学研究科(修士)。航空会社客室乗務員として勤務した後、ANA総合研究所 客員研究員、大学非常勤講師を経て、現職。<専門分野>エアライン業界は、人と人、地域と地域とを繋ぎ、笑顔を増やすことができる素晴らしい世界です。「ホスピタリティ」「観光・地域創生」「キャリア」を学ぶことは、人を幸せにする力になりますよ。授業でマナーも身に付けて、自分の可能性を広げましょう。


PAGE TOP