文学部文学科

RE科目「人はなぜ怨霊となるのか ―菅原道真と平将門―」報告①

18.06.14

RE科目「人はなぜ怨霊となるのか」は、日本の怨霊の成立とその展開について、
民俗学の成果も含めて学んでいきます。

6月1日には、実地研修を行いました!
今回の担当教員は、歴史文化コースの黒須先生と石本先生です。
最初に、皇居周辺を散策しながら、大手町にある将門塚に行きました。
将門塚では参拝者の多さに驚きながらも、皆熱心に先生の説明を聞いておりました。

次に向かったのが秋葉原にある神田明神です。
本殿を中心としながらその成立の経緯や境内の力石など、じっくりと
二人の先生の解説を聞いていました。
もちろん、多くの質問も行い、参加者全員が学びを着実に深めていましたよ!

これからも実際に現地に赴き、質感を大事にした歴史の学びを深めていきます。
次回の報告もお楽しみに!

【関連記事】
秋学期RE科目を振り返って
RE科目「新選組を歩く」報告①   
RE科目「文豪を訪ねて」報告① 
RE科目「ディズニーの世界」報告①   

春学期RE科目を振り返って
RE科目「恋の歌を読む」報告① 
RE科目「博物館・美術館・図書館を歩く」報告① 
RE科目「人はなぜ怨霊となるのか」報告① 
RE科目が始まりました!

PAGE TOP