文学部文学科

RE科目「新撰組を歩く」②

20.01.13


(京都御所内にて)

RE科目「新撰組を歩く」、京都への巡検をおこないました。
初日は朝早くの集合でしたが、皆元気に東京駅に参りましたよ。
最初は、くろ谷金戒光明寺に参ります。ここは京都守護職に就任した松平容保が陣所を置いた場所です。新撰組組長近藤勇も訪れた場所です。いよいよ、この場所からRE科目新撰組を歩く、はスタートです。

次に訪れたのは、有名な三条池田屋。学生たちは熱心に先生の説明を聞いています。つぎは京都御所を目指しますが、道中も注目したい場所はたくさん。学生は積極的に先生に質問していましたよ。
京都御所に着きました。なんとタイミング良くこの日は御所内公開日でした。早速なかに入り、かつての様子を先生のお話を聞きながら追体験していきます。じっくりと御所を歩きました。

(紫宸殿)

(京都御所入門証です!)

その後、蛤御門、京都府庁内にある京都守護職政庁跡、旧前川荘司邸、新徳寺、をみて本日の最後は八木邸となります。
ここまで日はとっぷりと暮れておりました。
学生たちはたくさん歩き、疲労もピークに達していましたよ。本当によく歩きました。
翌日は油小路から出発です。

次回のレポートもお楽しみに!

【関連記事】
2019年度秋学期RE科目がはじまりました!
新選組を歩く①

PAGE TOP