文学部文学科

SEITOKUチャレンジDAYを実施しました

21.11.25

11月5日(金)に、昨年度に引き続き「SEITOKUチャレンジDAY」が実施されました。
これは1年生を対象としたイベントで、コロナ禍の中で実施できなかった「Freshmen Camp」および「学外研修I」の代替プログラムとなっています。
各クラス5~6人のチームに分かれ、ゴールまでのルートや立ち寄り地、チャレンジ内容などをそれぞれ企画立案し、そのプランに沿って大学キャンパスから葛飾の柴又公園までの踏破を目指します。
クラスメイトとの交流を通して、企画力、課題解決力、チームワーク力、リーダーシップ力などを養うことが目的のプログラムです。

松戸にある戸定が丘歴史公園松戸神社、寅さんで有名な帝釈天といった名所旧跡の中から、3時間という限られた時間でどこを見て回るかチームごとに企画し、下調べをした上で、いざ出発!!

(出発を記念して写真撮影。写真を撮る瞬間のみ、マスクをはずしています)

戸定邸は、徳川慶喜の弟である徳川昭武(大河ドラマ『青天を衝け』にも登場していましたね)が建設し、後半生を過ごした場所。徳川家の住まいが公開されているのは、全国でもここだけなのだとか。
このあずまやは富士山を望めるビュースポットになっています。

帝釈天の境内への入り口、二天門の前で記念撮影。

天候にも恵まれ、迷子になるチームもなく、無事にゴール地点まで歩き通した学生の皆さん。
目標は達成できたかな?自分たちで振り返ります。

「楽しかった-!」と言いながら、チームごとに写真撮影。
青空のもと、学部長の山田先生や、担任の先生と、はじける笑顔で写真に収まる学生さんの姿が見られました。

PAGE TOP