文学部文学科

RE科目「人はなぜ怨霊となるのかー菅原道真と平将門ー」報告②

17.06.19

RE科目「人はなぜ怨霊となるのか−菅原道真と平将門−」では、実地研修を行いました。

今回の担当教員は、歴史文化コースの黒須先生と石本先生です。

最初に、大手町にある将門の首塚の実地研修に行きました。

 

実際の現地にて説明を受ける経験に、学生は目を輝かせて説明を聞いていました。

近隣を散策したのちに向かったのは、秋葉原にある神田明神です。

 

学生は、二人の先生から歴史学と民俗学という異なった学問分野からの説明を受け、

個々それぞれが自分の関心を発見し、先生に積極的に質問をしていました。

これからも実際に現地に赴き、質感を大事にした歴史の学びを深めていきます。

次回の報告もお楽しみに!

【過去のRE科目の記事はこちら】
RE科目「博物館・美術館・図書館を歩く」報告②
RE科目「博物館・美術館・図書館を歩く」報告①
RE科目「人はなぜ怨霊となるのか ―菅原道真と平将門―」報告①
RE科目「恋の歌を読む ―百人一首を中心に―」報告②
RE科目「恋の歌を読む ―百人一首を中心に―」報告①
新入生に体験型RE科目のオリエンテーション開催!

PAGE TOP