文学部文学科

RE科目「恋の歌を読む ー百人一首を中心にー」報告②

17.05.11

RE科目「恋の歌を読む」では、2017年5月3日に、五島美術館で行われている
「春の優品展―歌仙と歌枕―」に行ってまいりました!

今回のテーマは、「王朝時代の実物をみる」ということ。

毎年GWにだけ1週間ほど展示される「国宝 源氏物語絵巻」をはじめ、
「重要文化財 紀貫之像」「万葉集切 藤原公任筆」などを鑑賞しました。

中野沙惠先生からは作品の鑑賞の仕方について、
岩井秀樹先生からは作品の価値について、
村山隆雄先生からは美術館の心得について、ご指導いただきました。

かな文字の魅力に釘づけになる学生、
安田靫彦のロマンあふれる歴史日本画にうっとりする学生、
思い思いに和歌の文化を堪能しました。

次回のレポートもお楽しみに!

【過去のRE科目の記事はコチラ】
RE科目「恋の歌を読む ー百人一首を中心にー」報告①
新入生に体験型RE科目のオリエンテーション開催!

PAGE TOP