文学部文学科

RE科目「新撰組を歩くー調布巡見編ー」報告

21.12.13


近藤勇生家跡にて

RE科目「新撰組を歩く」は実地をめぐり新撰組の実像に迫る科目です。
担当は歴史文化コースの大庭先生です。
11月に、COVID-19への対応について入念な準備を進めた上で、
まず調布巡見をおこなってきましたよ。早速ご報告しますね。
京都で若い命を燃やす新撰組ですが、局長近藤勇は実は都内の出身です。
今回は近藤勇の生家跡、そして遺体がおさめられた龍源寺、最後に
生家跡の向かいにある天然理心流道場「撥雲館」の外観を見学してきましたよ。
学生たちは、まずは生家跡が街道沿いにあることを確認、
そして実際の生家の大きさを見ながら、当時に思いを馳せていたようです。
龍源寺では、事前に学習した近藤勇の墓地でお参りし、
最後に道場外観を巡見することで、やがて京都にむかう若き近藤勇を想像したり
話し合ったりしておりました。

龍源寺にて

次の回は、土方歳三を中心として廻る回となります。
講義を踏まえた上で次はどのような感得ができるのか、とても楽しみですね。
実地を見て多方面から歴史を考える、REらしい巡見となりました。
次回もお楽しみに!

天然理心流道場「撥雲館」前にて

【関連記事】
秋学期開講のRE科目:
・2021年度秋学期RE科目が開講しました!はこちら
RE科目「文豪を訪ねてⅡ:芥川と太宰 最後の謎」報告①はこちら

 

<千葉テレビで聖徳大学文学部が日本一就職に強い文学部として紹介されました!>

PAGE TOP