児童学部児童学科

光のアート! ライトドローイングの授業

19.12.24

皆さん、こんにちは!
今回は、児童文化コースの必修科目「写真・映像表現」や「保育内容指導法Ⅻ(造形)」幼稚園教員養成コース4年の専修科目「造形構成特論」で行った「ライトドローイング」の授業の様子を紹介します!
担当は大成哲雄先生

「ライトドーイングは見たことあるけど、やったのは初めて!」という学生が殆ど。
方法は、一眼レフカメラのシャッターを10秒程度解放して、各自持っているペンライトを動かして光の軌跡を写真に残します。
「まずは、丸など好きな形を描いてみよう!」

 

「こうやると、こうなるんですね!」 続いて・・「各々思う、花を描いてみよう!」・・みんなで描くと「光の花畑」ができましたね!

 

次は、二人一組に!
一人がポースをとって、もう一人がそのポーズの輪郭をなぞります。
そうすると・・

 

「ピカピカ人間」が出来上がります!

 

撮った写真は、先生のスマートフォンに転送されて、大画面ですぐ見ることができます。
「おお〜!」写し出されるたびに歓声が!
すぐ見られるので、改善点を見つけて「次はこうしてみよう!」と修正し、表現することができます。

 

次は、交代してポーズ!
もうここまでくると、みんな随分と要領が分かってきています。

 

そして・・ここからが本番!
次はグループで協力し、ライトで絵を描きます。「どういう絵にしようか?」「役割分担は?」

 

グループごとに発表!・・そして、みんなで鑑賞!

「雨上がりの後、虹が出てハッピーな感じを表現しました!」

 

こちらも「ハッピー」な感じ。

 

「魔法」がテーマや・・

 

「クリスマス!」

 

絵本の「おおきなかぶ」も協力して表現してみました。

 

最後は、全員で音楽に合わせて踊ってみました!

 

踊りがこうして光の軌跡に・・面白いですね!

 

この課題の目標は、「ライトドローイングの手法を理解し、グループで協力して光の作品を作る」です。
それぞれのグループが、オリジナリティある作品を協力して作り上げることができました。
聖徳大学児童学部の表現教育(造形)は、他にない楽しみながらコミュニケーション力や実践力がつく授業が沢山あります。
ぜひ、児童学部で一緒に学びましょう。

今回は、表現教育(造形)の記事を集めてみした!

★「アートパーク12 〜伝説のこども魂〜開催!① 」はこちら!
★「『アートパーク11』の記録映像を学生が作りました!」はこちら!
★「卒業研究 デジタルアニメーション『たこさん』」はこちら!
★「卒業研究でアニメーションを作りました!」はこちら!
★「黒板ジャック 今年は中部小学校!」はこちら!
★「学生紹介(12)春から公立保育士・学び続ける保育士でありたい」はこちら!
★「学生紹介(19)表現力を伸ばせた4年間 公立幼稚園・公立保育士ダブル合格」はこちら!
★「色紙でつくっちゃおう『みんなの街』保育内容指導法Ⅺ」はこちら!

 

★入試特待制度の詳しい内容はこちら!

 

(児童学部)

PAGE TOP