児童学部児童学科

学部長・学科長からのメッセージ

信頼される人間性と教養、課題解決力であなたの夢を実現し、未来に輝き続ける女性になる


児童学部長
児童学科(昼間主)長

教授 大成 哲雄

児童学は、教育・心理・社会・福祉・保健から子どもの理解を広げ・深める学問です。児童学を学ぶことを通して、子どもの健康や心、子どもの文化や遊び、授業の方法など多様な専門性を身につけます。それは、自分の将来の職業に直接的に役立つと共に、職場、家庭、社会などさまざまな場で活躍する原動力となります。資格や免許を取得するだけでなく、学問的に裏付けられた「現場で生かせる実践力」、社会に貢献できる「高い人間性」の育成が児童学部の目標です。

「保育の聖徳®」「教育の聖徳」その圧倒的な実績と高い評価は、児童学をベースにした聖徳ならではの学びによるものです。その学びは、自分の夢を実現する意欲と子どもに寄り添う心を持った学生が、大学院での最先端研究を行う教授陣と、ともに学び合うことによって達成されます。私たちと一緒に、教育課題に対応できる深い知識と創造的な思考力、子どもや保護者などから信頼される人間性と教養、協働的な課題解決力などを身につけ、社会で活躍しましょう。

聖徳で学ぼう「子どもを幸せにする力」


児童学科(夜間主)長
教授 沢崎 真史

あなたはいつから子どもに関わる仕事がしたいと思い始めましたか。憧れがいつしか自分の将来の仕事になります。泣いていた子どもが先生の声かけで笑顔に変わる。お遊戯が上手にできなくてこわばっていた顔が、先生の楽しいピアノで笑顔に変わる。先生の的確で暖かいサポートで子どもを取り巻くすべての人が笑顔になる。そんな素敵な仕事をあなたは選ぼうとしています。聖徳大学での4年間のすべての出会いと学びはあなたの将来の仕事や活動につながっています。そして子ども達の幸せにつながっています。さあ、あなたも「保育の聖徳」の一人として、子ども達の幸せを広げましょう。

PAGE TOP