短期大学部 総合文化学科

【コラム】SICPを読む(7) 式と解釈系

20.04.30

「式」という言葉を単独で使うと,入学式とか卒業式とかの式を思い浮べてしまうかもしれませんね.SICP(この本のことですよ)では,数式とか演算式とかにある式です.SICPで使われている「式」は英語ではExpressionといいます.なにかを表現しているという意味です.SICPでは「式」は「値」を表現するものです.

Lisp(の方言 Scheme)における式はS式といいます.Sは Symbol(記号)のことですから,S式は記号式ということになります.

最も単純な式は例えば 256 のような数詞です.あれっ?
256 は値じゃないの?と思いませんでしたか.
じつは 256 は式です.

プログラムを始めるにはLispのScheme方言の解釈系を使い, 少し対話してみるのがよい. 計算機の端末の前にいるとしよう. 式(expression)を入力すると解釈系は応答してその式を評価した(evaluating)結果を表示する.

さて,実際にSICPにある各種の式を計算してみましょう.といいたいところですが,手計算では面倒ですし,解釈系あるいはインタープリタをインストールしましょう.おすすめのインタプリタは,Racket です.
Racket を自分のPCにインストールしましょう.

[Racket のサイト](https://racket-lang.org/)にアクセスします.

Racketのサイト

英語のサイトですが,怖がらず,右上にある DOWNLOAD ボタンを押します.

Racketのダウンロード

今現在の最新バージョンは Version 7.6 (February 2020) です.

さて上手くインストールできましたか.
あとは,SICPのためのライブラリのインストールですが,次回にしましょう.

******************* お知らせ **********************

5月2日(土)及び5月16日(土)に予定をしておりました短大オープンキャンパスは
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から中止とさせていただきます。
詳細はこちらから

WEB上でのオープンキャンパスを開催中ですので是非ご覧ください!

大学のWEBオープンキャンパス特設ページこちら
総合文化学科特設ページこちら

図書館司書・ITコース紹介はこちらから
ファッション・造形デザインコース紹介はこちらから
フードマネジメントコース(フード)紹介はこちらから
フードマネジメントコース(製菓)紹介はこちらから

PAGE TOP