短期大学部 保育科

ずっと笑顔だけど…?(保育実習で施設に2回行きました!心からの表情を考えました)

21.10.15

保育士になるためには保育所と施設の実習を3回行います。多くの学生さんは保育所や子ども園に2回+施設に1回というパターンが多いのですが、保育所は1回で施設に2回行くことを希望する学生さんがいます。
今日はそんな学生さんのお一人にお話をうかがいました。

障害者施設と児童養護施設で実習をおこなったMさん

〇保育士になるための実習は終わりましたね。多くの学生さんが保育所を二度実習する中で、施設を選んでくれた(2回施設実習をしてくれた)のはどうしてでしょうか?

Mさん:元々子どもに関わる仕事がしたいと考えていて、保育所にいくか施設に行くか(児童養護施設、乳児院、発達支援センター等)を悩んでいました。悩んでいる場合、学校からは保育所実習に行った方がよいと連絡が来ていたのですが、親と話し合いをして、色々な経験をして最終的な就職先を決めたらいいのではないかとなり、施設実習をすることに決めました。2回とも違う種別の施設に行くことが出来たので、良い経験になったと思います。

〇保育所も同じですが、2回目の施設実習は、初回の実習よりも日々高度な実習だったと思います。同じ保育所で2回やる友達と比べると2回とも違う場所での実習ですよね。
不安はありませんでしたか?

Mさん:1回目(知的障害者施設)と2回目(児童養護施設)では種別が異なるため初めから違うものだと考えて行きました。
けれど、2回目は実際に生活している場に入っていくことになるので、子どもたちから受け入れてもらえるのか不安でいっぱいでした。そして、小3~専門1年生の男児のグループだったため、本人たちが話してくれるのか関わらせてくれるのか分からず不安でした。けれど、実際に行ってみると子どもたちは実習生に慣れているということもあり話しかけてくれたり応えてくれたりしました。挨拶からちょっと話をしたり一緒にテレビやゲームを見て楽しんだりしました。

〇そうですか、子どもさんたちが不安を和らげてくれたのかな?実際に2回の実習はどんな違いがありましたか?

Mさん:1回目は障害者施設でどのような関わりをしたら良いのか不安でした(重度の方が多く言葉を交わせる方が数名程度だったんです)。けれど、言葉ではない非言語コミュニケーションを使うことによって多くの方と関わることが出来ました。そして、職員の方から沢山学ぶことが出来ました。
今回の児童養護施設では、グループの子ども全員と関わることと自分から積極的に動くということを心がけていました。初日から子どもと色々な話をしました。子どもの話を真剣に聞いて、話していると子どもから私の元に来て「これ見て!」「今日こうだったんだよ」等話してくれるようになりました。職員の方から
「初日から子どもに積極的に関わっていて子どもの中に溶け込めていてよかった。そして、質問も積極的に聞いて仕事も率先してできていた。言われたことを直ぐに治していてよかった」
と褒めていただくことが出来ました。積極的に動いたからこそ自分の中の目標を達成することが出来、充実した実習になりました。

〇1回目では、言葉ではないコミュニケーションの大切さ、そして2回目では実際にたくさんの会話からの学びがあったようですね。特に印象に残ったことはありますか?

「心からの表情」を考えたMさん

Mさん:私は初日に笑顔でいることを心がけていました。すると、子どもから
「ずっと笑顔でいる」
と指摘を受けました。そして子どもたちの
「ずっと笑顔だけど馬鹿にしてるのかな?」
と話している声も聞こえました。
施設にいる子どもは表情にとても敏感で、遠巻きに見ている子どももいました。
その言葉で考えさせられ笑顔ではなく、心からの表情でいようと思いました。実際にその瞬間から変えると遠巻きに見ていた子どもが近くに来たり、子どもから話しかけてくれるようになりました。
子どものその言葉によって、自分の意識を変えられたことによって、その実習はとても充実したものとなりました。子どもからたくさんの話を聞きました。私自身悩んでしまうような話もありましたが、子どもの本心を聞くことができ一緒に考えることができてよかったと思います。

                          施設実習での経験を保育士として活かします!

〇この経験は深いですね!子どもさんの敏感な部分、簡単に理解なんかできない深さを実感できたんですね。良い経験をされたと思います。
さて、次は指定幼稚園実習ですね。最後に意気込みと卒業後の希望進路や夢を教えてもらえますか?

Mさん:最後の実習となるので、今までの実習や授業で学んできたことを活かせるように頑張ります。
卒業後は保育所で働きます。保育所には様々な子どもや保護者がいます。様々な実習先で学んできたことを活かせる現場だと思います。今まで学んできたことを活かし、さらに現場でたくさんのことを学び日々成長していきたいと思います。

施設実習を2回行って、保育所での保育士を目指すMさん、広い視野を持った保育士になってくれることを期待しています!頑張ってくださいね。

 

担当は檜垣でした。

PAGE TOP