保育の聖徳®で「次代をつくる保育のエキスパート」になる。

短期大学部 保育科

  • 「安心して遊んで」確かな自信がそう言わせる
  • 子どもの「楽しい!」が聞きたくて
  • あのときの憧れの先生にあと少し
  • どんな先生になる?私らしい先生になる。

授業紹介【児童文化Ⅰの2】

20.01.21

2年生の選択科目の一つ、児童文化Ⅰ〜2

前回は、『手袋で作る人形』を紹介しました。

今回は、『ペープサートを使って演じる』様子を紹介します。

皆さんは、ペープサートをご存知ですか。

紙に描いた絵に棒がついています。棒を持って人形を動かすと、演じ方によって動いているように見えるのです。保育の現場で楽しく演じると子どもたちが目を輝かせますよ。

ホイクカ女子の持っているペープサートは、どちらもタヌキの絵ですが、男の子と女の子。友達と同じ教材を使っていますが、洋服の色は自分の好きなように塗りました。

 

今日は、先生が演じて見せてくださいました。

タヌキさんが、ボール投げをして遊んでいます。

先生の演技には、引き込まれます。本当に動いているように見えるのです。

目の動きも大事なの。ボールを「投げたよ」って言ったら、そのボールを追いかけているように自分の目も動かすのよ。

 

一枚の人形の表と裏には、同じ人物が描かれていますが、ボールを持っているタヌキと持っていないタヌキというように、動きの違う絵が描かれています。

ホイクカ女子も、お話に沿って、ペープサートを動かし、演じ始めました。

指先で棒を回すようにすると、裏側の絵が見えて、違う動きになるのがおもしろいなあ。

友達に見てもらおう。

 

 

 

手袋人形とペープサートのコラボレーションもあるかもしれませんね。次回もまた楽しみです。

担当は塚本でした。

    • 教育系就職率100%
    • OPEN CAMPUS
    • 受験生応援サイト
    • 入試情報
    • 松戸子育てカレッジ
    • 松戸市
    • デジタルパンフレット
PAGE TOP