児童学部児童学科

スポーツ健康コース 竹内洋輔先生の「スポーツトレーニング」

19.11.26

皆さん、こんにちは!

今回は、スポーツ健康コース兼任講師 竹内洋輔先生の「スポーツトレーニング」の授業について紹介します。
竹内先生は、フィギュアスケートの選手としてご活躍され、現在は日本スケート連盟のフィギュアスケート強化副部長として、フィギュアスケートのトップ選手の競技力向上の為の医科学サポートや研究、後進の育成にあたっています。

Q.授業はどのような形式で行われていますか?

A.スポーツトレーニングの授業においては、スポーツ指導者にとって不可欠な知識であるスポーツトレーニングの理論と種類に関して、講義と実践を行っています。

Q.授業では、どのようなことを学びますか?

A.学生達はスポーツトレーニングの基礎となる原理・原則を学び、トレーニング前のストレッチコンディショニングの方法と実際の指導・補助、また対象者のフィジカルの測定・評価を実践し、実際にトレーニングプログラムを構築、指導するための基礎を学んでいます。

身体の状態を把握するための方法は、トップアスリートにおいても一般の方においても大きく変わりません。トップアスリートに対しても実践している内容を、一般の方を対象に置き換えた際の実践方法等も学んでいます。

 

Q.授業を通して、どのような資格を取得できますか?または、どのようなことができるようになりますか?

A.この授業をはじめとする他の関係科目を受けることにより、最終的には(公財)日本スポーツ協会のジュニアスポーツ指導者、(公財)健康・体力づくり事業財団の健康運動実践指導者の受験資格を得ることができます。スポーツ指導者および、健康づくりのための運動を安全かつ適切に行える指導者となるため、学生達は頑張っています。

 

竹内先生、ありがとうございました!
ご自身のこれまでの経験が活かされた指導は、学生にとってより実践的であり、深い学びにつながるでしょう。是非、スポーツ健康コースで学びましょう!

 

竹内洋輔先生プロフィール
男子シングルで、世界ジュニアフィギュアスケート選手権で銅メダルを獲得した後、全日本選手権で2回優勝。2002年にはソルトレークシティ五輪に出場。
現在、聖徳大学をはじめ、大学で兼任講師を務める一方、日本スケート連盟のフィギュアスケート強化副部長として、フィギュアスケートのトップ選手の競技力向上の為の医科学サポートや研究、後進の育成にあたっている。

★「おめでとうございます!高田千明先生がパラリンピック日本代表に内定!」はこちら!
★「スポーツ健康コース始動! 新オリ&4年生との交流会②」はこちら!
★「スポ健1年生 ルーマニアのリレー代表選手と交流」はこちら!
★「体育学概論 聖徳大学にオリンピック選手来る!」はこちら!
★「体育館に巨大なオムライス!?」はこちら!

(児童学部)

PAGE TOP