児童学部児童学科

スポーツ健康コース始動! 新オリ&4年生との交流会②

19.04.07

皆さんこんにちは!
今回は、今年度新設のスポーツ健康コース新入生オリエンテーションの様子をお伝えします。

 

この日は、来年2020年に開催予定の東京オリンピック・パラリンピックに向けて松戸市がどのような取り組みをしているのか、市の担当職員の方に来ていただきご講演いただきました。

最初に、スポーツ健康コース長の百瀬定雄先生から紹介がありました。

 

百瀬先生は、バンクーバー(2010)、ソチ(2014)ではリュージュの監督としてご活躍されました。
ピョンチャン(2018)では、スケルトンの強化部長として選手の様々なサポートも行いました。

 

具体的な取り組みを9つ紹介していただきました。

1、東京五輪音頭の普及
2、パラ競技の普及(ボッチャ、松戸ゆかりの選手応援など)
3、聖火リレーの誘致活動
4、メディア等を活かし、効果的なPR活動を行う
5、ホストタウン「ルーマニア」と「ドミニカ共和国」両国との交流
6、事前キャンプの準備
7、日本開催の世界大会出場の両国選手を応援
8、文化プログラム・応援プログラムの普及
9、ボランティアガイドの育成

 

松戸市はルーマニアのオリンピックの事前キャンプ実施などに協力するホストタウンです。

 

ドミニカ共和国も同様です。
日本だけではなくドミニカ共和国、ルーマニアもみんなで応援しましょう!

 

「感動を分かち合おう!」・・最後にみんなで記念撮影。
今回は、これから松戸市と協力して東京オリンピック・パラリンピックに向けてどういった関わりができるのか考えるきっかけとなりました。
スポーツ、ボランティア、国際交流、地域貢献・・・オリ・パラを貴重な学習、研究の機会と捉え、取り組んでいきたいと思います。

★松戸市の2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた取り組みの詳しい情報はこちら

(児童学部)

PAGE TOP