短期大学部 保育科

保育科授業紹介【児童文化Ⅲ〜2】学習成果発表会までの道のり③ ミツカラナイ→み〜つけた!! パート1

20.02.07

11月12日。いよいよ学習成果発表会に向けて、みんなのアイデアを出す時がやってきました。本番は1月10日。これまでの授業で学んだ身体表現を生かし、自分たちでオリジナルの表現を作り上げていきます。

もちろん、すぐにアイデアは出てきません。まずはクラスに分かれて話し合い。

その結果、Cクラスは7名全員で1チーム、Dクラスは大勢だったので3チームに分かれることになりました。

ここからは、4チームそれぞれにスポットを当てて、本番までの過程をご紹介します。

 

【Dクラス 春夏秋冬チームの場合】

Dクラスはご覧の通り大所帯でした。それぞれの意見を出し合い、この中から3チームに分かれることになったようです。

まずは「春夏秋冬チーム」の道のりをご紹介します。

 

う〜ん、何しようか…

アイデアはすぐにはミツカラナイ…

12月10日

先週の授業ではメンバーが揃わなかったようですが、この日はしっかりアイデアを見つけてきた様子。先生から動きの指導を受けていました。

このメンバーの魅力は、全身を余すことなく使った表現と弾けるような表情です!さぁ、それでは本番を見てみましょう!!

テーマは「春夏秋冬」

自分たちが幼児になりきり、保育室で遊びを発見しながら、季節を感じるダンスを考えました。身体から溢れる表現と、その全力で幼児になりきる様が必見です!!

まずはジブリの「さんぽ」に乗って、春のお散歩へレッツゴー!!

あれ、おもちゃ箱から発見したのは、ペットボトル・マラカス!その音を聴くと、、、まるで波の音に聴こえるよ!

うわぁ〜、大波がきたぁ!!

 

次に見つけたのは、王冠!!

あ!!カメハメハ大王だ!!!

さぁ、波を感じて、風を感じてダンスだぁ!!

季節は秋!今度はどうやらキノコを見つけたようですよ。

キノコを傘で表現。本当にキノコみたいだね!!

 

あれ?!今度は雪が降ってきた?!今度は雪合戦だ!!

そんなお友だちとも、卒園式にはお別れ。でも1年生になっても友だちだよ!約束!

全力で幼児になり、季節を体全体で表現した4人。写真から溢れ出てきそう!!

最初のミツカラナイから、み〜つけた!!と感じる瞬間が一番ワクワクする時。

幼児の気持ちになり切ったホイクカ女子4人は、保育者目線の素晴らしい表現を見せてくれました。

 

担当は春日でした。

関連記事

保育科授業紹介【児童文化Ⅲ〜2】学習成果発表会までの道のり①

保育科授業紹介【児童文化Ⅲ〜2】学習成果発表会までの道のり②

PAGE TOP