教育学部児童学科

WEBオープンキャンパスを体験しよう!

21.08.13

皆さんこんにちは!
今回はWEBオープンキャンパスを紹介します。児童学科のWEBオープンキャンパスはこちら! まずはご覧になってください!

WEBオープンキャンパスの内容は更新していきますので、お楽しみに!
今回紹介している動画については、詳しくブログでも紹介していますので、合わせてご覧ください。

★「アートパーク12 〜伝説のこども魂〜開催!①」は こちら
★「大学生が作る子ども番組「ぴんちゃんTV 」①②」は こちら
★「児童学科のヨーロッパ研修」一覧はこちら
★「卒業研究 創作ダンス「アラジン」①」は こちら
★「好きだから、楽しんで研究できました! 第13回 児童学科 卒業研究作品展」はこちら

🍧動画を見てアイスクリームをもらおう!夏の動画研究キャンペーン🌻
📱夏休みは自宅で動画を見て大学を研究しよう!

📹WEBオープンキャンパス内で公開されている動画を視聴し、アンケートに回答していただいた方、先着100名様に「🍧サーティワン アイスクリーム レギュラーシングルギフト券🍧」をプレゼントいたします!

期間:8/11(水)~8/21(土) アンケート はこちら

※該当者には後日メールでデジタルコードをお知らせいたします。引き換えは2021年9月30日まで、全国のサーティワンアイスクリームで行うことができます!

***********************

速報!!聖徳大学の2021年3月卒業生の実就職率が96.3%となり、「2021年実就職率ランキング(大学通信発表/7月21日現在)」で、卒業生500名以上の全国女子大学で1位を達成しました!
実就職率:96.3%(就職者数670名 卒業生698名 大学院進学2名)

※2021年大学通信調べ(卒業生500名以上)
●実就職率=就職者数÷[卒業者数-大学院進学者数]×100

保育士採用数15年連続全国1位、幼稚園教員採用数14回目連続1位達成!

***********************

●8月22日(日)は、全学来校型オープンキャンパスです。
予約制となっていますので、こちらからご予約ください。
みなさんのご来校をお待ちしています!

●8月21日(土)は、オンライン配信型オープンキャンパス開催!
予約不要  YouTubeで配信いたします。〈配信期間:8/21 10:00~〉→こちら!

「オープンキャンパスでインタヴュー」4つのコースそれぞれの学生が楽しかった授業を紹介( ↓ )

***********************

〈新型コロナウィルス感染症予防対策について〉

●同伴者は1名までとさせていただきます。
●ご入構の際にサーモグラフィーによる検温を行います。
●風邪の症状のある方、37.5度以上の発熱のある方等、体調不良の場合は入構をお断りしております。
●教職員は、マスク、フェイスシールド等を着用させていただきます。
●各所にアルコール消毒液を設置しております。
●実施会場では、空調装置や換気装置により常時換気を行います。また、ドアを常時開放し換気を行います。
★新型コロナウイルス感染拡大防止対策の取り組みはこちら

***********************

2022年4月  児童学部は教育学部(2022年4月設置構想中)として新たな挑戦を始めます。
現在の児童学部が教育学部になり、児童学科は4つのコースになります。


4つのコースは(幼稚園教員養成コース保育士養成コース児童心理コース児童文化コース)です!
どのコースでも幼稚園一種、保育士の免許・資格を取ることができ、どのコースからでも幼稚園の先生、保育士を目指すことができます!
どのコースもほとんどの学生が幼・保両方の免許・資格を取得し社会で活躍しています。
コース選びは学びの内容で決めましょう。あなたはどのコースで「子どもの専門家」を目指しますか?

各コースの紹介動画を見て、自分にあったコースを選びましょう。

幼稚園教員養成コース

保育士養成コース

児童心理コース

児童文化コース

***********************

7つのコースで それぞれインスタグラムをやっています!

インスタグラムの中から「聖徳 児童」で検索してみてください。

各コースのイメージキャラクター「ななちゃん」が目印です。
インスタグラムでは、各コースの学びの様子やキャンパスライフを紹介していきます。
是非、フォローお願いします!
コメント書き込みも大歓迎です。

***********************

聖徳大学教育学部(2022年4月設置予定)が今週発売のAERAの巻頭に掲載されました!

 

見開きページを開けると「安広・井上ゼミ」の創作ダンス「アラジン」が一際目を引きます。是非、手にとってご覧ください。
記事の内容はAERAdot.でもご覧になれます→こちら!

(児童学科)

PAGE TOP