児童学部児童学科

献灯まつり 聖徳大学のある松戸は風情のある街

19.08.25

皆さん、こんにちは!
幼保コース3年のMです。
今回は、ゼミの友達と松戸の「松戸宿坂川 献灯まつり」へ行ってきました。

 

献灯まつりとは、坂川を拓いた先人たちへの敬意を「あかり」に託し、癒しのひと時を過ごすお祭りです。
会場は、春雨橋~松戸神社周辺~松龍寺参道~レンガ橋になります。
春雨橋までは、聖徳大学から歩いて10分少々です。

 

この祭りでは、事前にとうろうを購入することができます。
到着すると早速、子ども達がとうろうに絵を描いて流していました。

 

いざ、とうろう流しに参加~!・・といきたいところですが、その前に・・・

 

・・お祭りの楽しみにといったら・・やっぱり、縁日、屋台ですよねえ。
早速、食べ歩きにレッツゴー!
献灯まつりでは、松戸の商店街や地域の有志団体等が屋台を出店しています。
地域の手作りのお祭りなんですね。

見つけちゃいました!・・夏に食べると美味しいスイーツは??
そう!かき氷!!!
ふわっふわのかき氷。
なんとシロップかけ放題なんです♥♥♥ 自分色に染めちゃいます!

 

ふふっ、ご満悦♥♥
シロップを二色以上重ねるとまた新しい色ができます。
まるで、かき氷に絵を描いているようです♥♥
写真を撮り合い、かき氷が解けないうちに「いただきます!」

 

夏の夕涼みを食べ歩きと共に楽しむうちに、いつしか夜に。
いよいよ本格的に献灯まつりの感じになってきました。。

 

4人でパシャリ!
浴衣で過ごす「今日」という思い出を写真に残します。

 

とうろうに願いを込めて・・「みんなが笑顔ですごせますように 聖徳大学 大成ゼミ」。

 

夜になると、だんだんとうろう流しをする参加者が増え、いつの間にか小山桶門レンガ橋近くまで並ぶように。
待ち時間は、流れて行くとうろうを見ながら水辺の風情を味わいます。
とても幻想的ですね・・。

 

いよいよお待ちかね♥ 私たちの番です!
とうろうや川の水の流れに親しみを持ちつつ、4人で静かにとうろうを流します。

 

流したとうろうはどこまで流れていくのでしょうか・・?
それは、とうろうの「光」が私たちに教えてくれます。

 

「松戸宿坂川 献灯まつり」で、安らぎのひと時を過ごすことができました。
夏休みのいい思い出ができました。
また来年も機会があったら、ぜひ、参加したいです。
今日は新たな松戸を発見することもできました。

このブログを読んでくださった皆様・・最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
またお会い出来る日を楽しみにしています・・

 

★「アートパーク12 伝説のこども魂」は9月15日(日)に開催決定!詳しくはこちらをクリック!

(児童学部)

PAGE TOP