児童学部児童学科

エントリーシートの書き方ポイント②本学を志望する理由(2019年度版)

19.04.30

2 本学を志望する理由

これは「なぜ児童学部を希望したのか」ということです。
大学に入学するのは「自分の夢」を実現するためです。「保育士、幼稚園、小学校や特別支援の先生になりたい」「児童心理や児童文化、スポーツを勉強してそれらに強い先生になりたい、または社会に貢献したい」などが考えられます。でも、あなたは、なぜそう思ったのでしょう?

ある学生は、「子どもの頃なかなか友達ができず一人ぼっちでした。その時、先生が優しく声をかけてくださり友達の輪に入ることができました。だから私も子どもたちに寄り添い、支えられる先生になりたいと思ったのです」と答えてくれました。素敵な夢ですね。その夢をかなえるために聖徳大学児童学部を希望したというのです。おそらく一人一人にそのような夢があると思います。実体験をから具体的に書くことが大切です。

でも、それだけではいけません。
その夢をかなえるために「どうして聖徳大学の児童学部を選んだのか?」が問われます。
単に夢だけを語るのではなく、その自分の夢と児童学部の関係を書くことが大切なのです。
「現場で多くの卒業生が活躍する実績があるので、私もリーダーになりたい」「専門性を高め強みができるカリキュラムがあるから、私は違いのある先生になりたい」「ピアノや表現力を高めることができるし、そのための施設や環境が充実している」「オープンキャンパスで説明してくれた学生が素敵な先輩だったし、先生との距離が近くて、これなら安心だと思った」「礼節や人間性を身に着けたい」などが考えられます。

本年度から児童学部は7つのコースになりました。
7つのコースの学びの特色を理解し、自分にあった学びのコースを選び、関係も書いてください(詳しくは総合案内パンフレットをご覧ください。夜間主もチェック)。
例えば「心理学と免許資格が両立するのはここしかない」「児童文化や遊びについて学んで、自分の得意を伸ばし地域のために活躍したい」「子どもたちとスポーツを通して関わりたい」などが考えられます。
コースの学びを通して、どのような「私らしい子ども専門家」になりたいかを考えましょう。

次は3.あなたの長所や個性を詳しく見てみましょう!こちらをクリック!

(児童学部)

PAGE TOP