児童学部児童学科

児童心理コースで学んで多様な進路へ「4年生就職体験報告会」

19.01.29

皆さん、こんにちは!
先日、児童心理コースでは、毎年恒例、4年生の就職体験報告会が行われました。
これから進路や就職について本格的に考え、活動し始める児童心理コースの後輩たちに向けて、就職先の決まった4年生たちが、自分自身を振り返り、どんなふうに学生生活を過ごしていたか、どうやって今の進路を選択したかなどの話をしてくれます。

 

今回はお菓子を食べながら、リラックスした雰囲気で、後輩たちが先輩を囲んで話を聞きました。

 

児童心理コースでは、資格や免許は自分で自由に選択してとれるので、進路が多様なことが特徴の1つです。

今回話をしてくれた4年生も、公立保育士や聖徳大学の附属幼稚園の先生をはじめ、クリニック内にある保育所の保育士(病児保育士)、乳児院、教育関連企業と様々です。

免許・資格のための学びはもちろん、心理学を専門的に学んだことが、就職面接でも評価された、という話や、心理学を学んだからこそ、特別なニーズのある子どもや保護者の支援がしたいという話があり、後輩たちも興味津々で聞いていました。

 

参加した3年生からは、これからの就職活動や進路に対して具体的に考えるきっかけになった、先輩たちの生き生きした姿がまぶしく、憧れをもった、などといった感想が聞かれました。
一方、4年生にとっても自分自身の進路選択や学生生活を振り返り、これからの社会人生活に向けて気持ちを新たにするためにとても役立ったようです。

『心理学を学んで子ども支援のプロになろう!』のキャッチフレーズのもと免許・資格の学びと心理学の学びを両立させた4年生の皆さん。
これからもそれぞれの道で活躍してくださいね!

 

★「児童心理コース長と在学生が語る 児童心理コースの魅力」の記事はこちらをクリック!
★「学生紹介(11)人につながる心理学を学んで公立保育士へ」の記事はこちらをクリック!
★「学生紹介(9)子どもと心理学とピアノと・・充実した4年間」の記事はこちらをクリック!
★「鈴木ゼミ 心理学を学んで、みんなの悩みに寄り添いたい」の記事はこちらをクリック!

(児童学部)

PAGE TOP