児童学部児童学科

海外研修① 保育士養成コース  ヨーロッパの幼稚園

18.10.09

みなさん!ヨーロッパの幼稚園に行ったことはありますか?
きっと、ほとんどの人が、行ったことがないと思います。
聖徳大学児童学部の保育士養成コースではドイツとスイスの2カ国で幼稚園を訪問し、幼児と直接関わりました!

3年次に実施される、海外研修を紹介します。
今回は、ドイツとスイスへ研修に行った保育士養成コースの研修の様子です。

 

この写真は、ドイツでの幼稚園の様子です。
このように、幼児の活動の中に入って一緒に時間を過ごすことは、個人旅行では叶わない聖徳大学ならではのプログラムになります。
とても貴重な経験ですね。
学生は、英語とドイツ語、あとは、ボディランゲージで会話を楽しんでいました。

 

本学の学生の凄いところは、どのような環境でもパッと手遊びや造形活動、折り紙が実践できることです。
初めて行く、しかも文化も異なる環境で、自分たちの学んできたことを迷うことなく実践できる。
これは、これまでの授業や実習の積み重ねの成果ですね。

 

そしてこの研修は、文化を学ぶ時間でもあります。美術館で美術作品を鑑賞したり、お城や教会など歴史的な建造物も見学します。

 

実際に自分の目でみて、肌で感じることが本当の学びとなり、この感覚が、これから何かを想像・創造する際の一つの材料、価値観になることでしょう。学生たちは、今しかできない経験をしています。

 

過去の海外研修の記事は↓こちらから!
★幼稚園教員養成コース
★保育士養成コース
★海外研修の体験が卒業研究につながった先輩の記事はこちらをクリック!

(児童学部)

PAGE TOP