児童学部児童学科

卒業生紹介(3)夜間主から高校の先生に!

17.06.13

聖徳大学で高校教員対象の説明会がありました。その時「先生、こんにちは!」と元気に声をかけてくれた高校教員は児童学科夜間主卒業生のMさん!

「お久ぶりです!今年も聖徳大学の受験希望者がいるので、説明を聞きにきました」とのこと。
Mさんは現在、千葉県の県立高校の国語の教員をしています。

仕事の後で、彼女の学生時代について聞いてみました。

 

Q:児童学科の夜間主を選んだ理由は?

A.:なんといっても、授業料等が昼間主より軽減されていることです。経済的にも安心して学べる夜間主を選びました。

 

Q:取得した資格は?

A:小・中・高の一種免許です。夜間主と昼間主の時間帯の授業を組み合わせて、3つの免許にチャレンジしました。

 

Q:夜間主の編入の時間割は大丈夫でしたか?

A:大学事務局の教育支援課で相談にのってもらいました。いつも親切に対応していただき、心から感謝しています!

偶然、教育支援課のWさん(右)が通りかかり…「あの時はお世話になりました!!」
「おっ、懐かしいねえ!」と盛り上がりました!
夜間主学科長の沢崎先生も交えパシャリ!

 

Q:夜間主の特徴は?

A:夜間主は人数が少ないので、みんな仲良しです。いつもみんなで励ましあって、がんばりました。今思えば本当に楽しかったです。空き時間はおしゃべりをしたり、教員採用試験の勉強をしたり、情報交換をしていました。
いろいろなコース(小学校、幼保、児童心理)の人と話せたので、興味のあることはどんどんお互いに聞きあいました。

なにより同じ志をもった仲間に出会えたことが最高でした。

 

Q:夜間主を目指す人にひとこと!

A:夜間主は絶対お勧めです!授業も仲間も最高です。頑張る力は社会人になった今も生きています。

Mさんこれからも頑張って下さい!

 

聖徳大学の夜間主コースは、昼夜間開講のフレックス制です。コースは小学校、幼保、児童心理の3つです。
学びの内容は昼間主と全く同じで、卒業時の学位(児童学学士)も同じです。
学費は昼間主の約6割になっています。

夜間主は頑張る学生を応援しています!!

★夜間主の詳しい内容はこちらをクリック!

(児童学部)

 

PAGE TOP