短期大学部 総合文化学科

「ビソシエ・ウーマンの会」を開催しました!

18.08.27

ブログをご覧の皆さま、こんにちは!
暦の上では秋といえども、まだまだ暑い日が続いていますね。
引き続き、熱中症等にはくれぐれも気をつけてお過ごし下さい。

そんな暑い最中の先週、8月25日(土)に「ビソシエ・ウーマンの会」を開催しました!

「ビソシエ・ウーマンの会って何?」と思ったそこのあなた!
はい、ご説明しましょう。
<ビソシエ・ウーマン>とは、総合文化学科を卒業した卒業生達の総称のこと。
その卒業生が集まる会で、いわゆる「同窓会」のことです(^_^)。

今回で11回目の開催となりました。
場所は、聖徳大学の10号館14階「スカイラウンジ ローカス」です。
ここは眺めがとても良く、当日も素晴らしい眺望でした。

蓑輪裕子学科長の挨拶で会が始まりました。

その後はおいしいお料理とともに、歓談タイム。
先生方や久しぶりに会った友人と語り合いました。
今年は例年より参加者が少なかったのですが、お子さんと参加してくれた卒業生もいて、終始和やかな雰囲気の会となりました。

会の途中では、今年の3月に卒業し、新社会人となった<ビソシエウーマン>に近況報告をしてもらいました。

Aさんは、現在、教習所の事務をしているということ。
「入所の手続きや、インストラクターのサポート業務など、仕事を覚えるのは大変ですが、楽しく仕事をしています」と頑張っている様子を報告してくれました。
また、在学中の思い出では「志賀高原や、北海道の研修旅行がとても楽しかった」と嬉しい話もしてくれました。

大抽選会も開催。
賞品はスターバックスの商品券、高級菓子、グルメ券ととても豪華でした!!

会の後半には、キャリア支援課の佐藤さんから、本学科の卒業生の活躍ぶりが紹介され、
参加者へ励ましの言葉も頂きました。

今回、学園事務局長の川並孝純様をはじめ、香和会会長の長江曜子先生、前学科長で名誉教授の野中博史先生、名誉教授の伊藤一郎先生、今年ご退任された中尾芙美子先生もお越しになられました。
ご参加いただき、誠に有り難うございました。

そして何よりも卒業生の元気な姿を見ることができ、教員も大いに活力を得ることができました。
ご参加下さった卒業生の皆様、本当にありがとうございました!

また来年もお会いできることを楽しみにしています♪

PAGE TOP