音楽学部

めざそう音楽療法士!

20.05.18

音楽学部のHPをいつもご覧くださっている皆さん、こんにちは。

障害や病気、認知症などをもつ方々、あるいは介護予防や健康増進を目的とする方々のために音楽を用いた関わり合いをしていくのが音楽療法です。

大好きな音楽を将来の仕事に役立ててみませんか?

聖徳大学音楽学部では、日本での代表的な2つの資格、「全国音楽療法士養成協議会認定音楽療法士(1種)」と「日本音楽療法学会認定音楽療法士(補)受験資格」2を取得することができます。

しかも、聖徳大学は複数の学部を備えた総合大学ですので、楽学部で専門的な力をみっちりつけながら、他学科の科目が履修できる「フィールドリンケージ」制度を利用して、福祉、心理、教育系の科目などの充実した学びも可能です。

音楽学部のカリキュラムでは、実習の機会も十分に確保されています。
2年次で実施されるのは施設実習。その体験を踏まえ、3年次、4年次では音楽療法実習へと進み、実際に音楽で対象者と関わってゆきます。

こうした環境のもと、日頃から現場で活躍している卒業生や近隣の福祉施設等から話を聞いたり関係を持つことができるので、学びの中から将来のキャリアをじっくりと考えていくことができます。

さらに、上記の2つの資格試験に向けては、音楽学部の専門教員がしっかりとサポート。

音楽療法士への道は、『めざそう音楽療法士』(2020年度版)で詳しくご紹介しています。
こちら からダウンロードして全ページをご覧いただけますので、ぜひ参考にしてくださいね♪

表紙イメージ

____________________

【お知らせ】WEBレッスンを随時受付中

様々な実技を専門とする音楽学部の先生方から、アドバイスを受けることができます。この機会をぜひ活かしてください。
✿WEBレッスンの詳細は こちら

____________________

【お知らせ】「5月、6月オープンキャンパス中止」&「デジタルパンフレット完成」のお知らせ

PAGE TOP