未来が輝く音楽を、奏でよう。

音楽学部 演奏学科 音楽総合学科

クリスマス会へ出張してコンサートを開催~在学生アンサンブル「おとなり」の活動紹介2~

19.01.13


出願受付中
👈こちらをクリックして詳細へ

――――――――――――――――――――――――――――

演奏学科3年Aクラス有志によるアンサンブルグループ「おとなり」は、大学の周辺地域で演奏による社会貢献活動を行っています。その「おとなり」から昨年末の活動に関するレポートが届きましたので、どうぞご覧ください♬

☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆

皆さん、こんにちは。
私たちが活動したこの日は、クリスマスイブ。強い寒気が入ってきて、かなり冷えた一日でした。

冷たい風に肩をすくめながら私たちが向かったのは、松戸市健康福祉会館 「ふれあい22」 。今回頂いた依頼は、ここを会場として行われた「全国心臓病の子どもを守る会クリスマス会」でのコンサートの演奏でした。

今回のお客様は、会の名前にもあるように、心臓病の子どもたちとその兄弟。クリスマス会にちなんで、今回の曲選もクリスマス一色です。

オープニングには「もろびとこぞりて」。

続いて「あわてんぼうのサンタクロース」や「ジングルベル」、フルートデュオで「そりすべり」を演奏し、しっとりと「きよしこの夜」も歌いました。

特に盛り上ったのは「ドレミの歌」。私たちが前回11月に病院で訪問演奏を行った時にも大好評だったパフォーマンスです。みんな椅子から立ちあがり、共に楽しく踊ってくれました。中には前に出てきて、私たちの真横に立って踊ってくれた子も…。

アンコールの「サンタが街にやってくる」まで、子どもたちは終始心から楽しんでくれたようです。一生懸命に耳を澄まし、そして一緒に歌ってくれた子どもたち。演奏している私たちの顔も、気がつくとついほころんでいました。

この日はカラードレスに、トナカイのカチューシャやサンタ帽、パペットを付けた愉快な出で立ちの「おとなり」メンバー。“7人のサンタの使い”が、クリスマス会を素敵なものにできたかな、と思っています。

年も明けて2019年——。今年は音楽を通してどんな方の“おとなり”に寄り添えるでしょうか。こうした活動は、皆様に音楽の素晴らしさを伝えるだけでなく、私たち自身もまた成長できる貴重な機会だと思っています。更なる飛躍を求めて、今後も精進してまいります。

【関連記事】病院で音楽をつむぐ~在学生によるアンサンブル「おとなり」の活動紹介~(2018年11月30日)

お問合せ:聖徳大学音楽学部事務室 Tel. 047-703-0111

***

聖徳大学は、がんばる高校生を応援します!

音楽学部ブログ記事一覧はこちら

  • 聖徳大学音楽学部事務室

    TEL : 047-703-0111(直通)
    8:30~17:30(月~金)
    8:30~15:00(土)
    MAIL : music@seitoku.ac.jp

    • 聖徳大学音楽学部 ブログ
    • 音楽学部YouTube
    • オープンキャンパス キャンパス見学申込み
    • 体験レッスン申込み
    • 出張体験レッスン申込み
    • 受験生応援サイト
    • SOA音楽研究センター
    • 同窓会 スペシャルサイト
    • リンク集
PAGE TOP