未来が輝く音楽を、奏でよう。

音楽学部 演奏学科 音楽総合学科

「シリーズコンサート」が始まりました! ~舞台芸術の経験を心を財産に~

18.04.24

4月23日の「入門コンサート」を皮切りに、今年度も「聖徳学園シリーズコンサート」が始まりました。午前中から楽器の搬入など、ステージの準備が進められました。

この日は、大学1年生全員が鑑賞するオーケストラのコンサート。日本を代表するオーケストラの東京交響楽団と指揮者の大井剛史さんが、キャンパスライフのスタートを音楽でお祝いしてくれました。

シリーズコンサートは聖徳大学オリジナル教育である「聖徳教育」の一つに位置づけられています。学園の学生・生徒たちは国内外の超一流の舞台芸術に触れることによって、多様な芸術的価値を受容できる感性を磨き、世界の様々な文化へグローバルなまなざしを向けることのできる国際性を育んでいきます。また、鑑賞を通じて洗練されたマナーも身につけていきます。

学生は学科・学年ごとに指定された公演のほか、希望すればどれでも鑑賞することができます。教養豊かな音楽家を目指す音楽学部の学生たちにとってもシリーズコンサートは大きな魅力。4年間のシリーズコンサートの経験はかけがえのない一生の宝物になります。

「入門コンサート」はその名の通り、コンパクトにまとまったプログラムの中に、音楽の醍醐味を味わえる内容がぎっしりと詰まったものでした。例えば、ディズニー音楽のメドレーによってオーケストラの楽器について知識を得たり、中高の時代に聴いたり歌ったりしたことがある、スメタナの《モルダウ》が演奏されたり。

指揮の大井剛史さんは、最近まで音楽学部で教鞭をとっていらっしゃったので、“聖徳レディ” のこともよくご存じ。マイクを手に、1年生にもわかりやすく、そして楽しく曲の説明をしてくださいました。

最後の曲、外山雄三の《管弦楽のためのラプソディ》では、日本の民謡を使ったエネルギッシュなメロディーに、演奏者の皆さんのダイナミックな体の動きにつられて、一緒に上半身をゆすっている学生の姿も。

アンコールには、おなじみの映画『天空の城ラピュタ』の音楽より 「君を乗せて」。オーケストラで聴くラピュタの世界は壮大です。

。:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。

終演後、音楽学部の1年生たちからはこんな感想が聞こえてきましたよ。皆さん、興奮が冷めやらぬ様子です。

「CDで聴いたりテレビで観たりするオーケストラの演奏とは違って、奥行きのある響きだったのには驚きました。〈生〉の世界に引き込まれました。」

「力強かったり包み込むようだったり、色々な響きを体で受けとめることができ、感動しました!」

「オーケストラについて、もっと勉強したくなりました!」

そして、学生を代表して指揮者とコンサートマスターに花束を贈呈した学生たちは、《管弦楽のためのラプソディ》の時から舞台の袖に待機。大役を終えると・・・

「舞台の袖はオーケストラのすぐ脇だったので、その迫力たるや半端なくて、仰天しました!」

「コンサートマスターの方に花束をお渡しした時、笑顔で返してくださってとても素敵でした。演奏する人も聴く人も音楽によって癒されるのですね♪」

音楽学部の1年生は今年も、「シリーズコンサート」の一環としてこの日の東京交響楽団とベートーヴェンの「第九」交響曲で共演することになっています。演奏を聴かせてもらったことで、第九合唱の授業に対するモチベーションも大いに上がったようです。

今後も、次のような国内外のトップアーティストが松戸キャンパスに集います!

【関連記事】
歓喜の調べで心も一つに~感動を呼んだ「第九の夕べ」~(2017年12月20日)

***

聖徳大学は、がんばる高校生を応援します!

音楽学部ブログ記事一覧はこちら

 

  • 聖徳大学音楽学部事務室

    TEL : 047-703-0111(直通)
    8:30~17:30(月~金)
    8:30~15:00(土)
    MAIL : music@seitoku.ac.jp

    • 聖徳大学音楽学部 ブログ
    • 音楽学部YouTube
    • オープンキャンパス キャンパス見学申込み
    • 体験レッスン申込み
    • 出張体験レッスン申込み
    • 受験生応援サイト
    • SOA音楽研究センター
    • 同窓会 スペシャルサイト
    • リンク集
PAGE TOP