音楽学部

『音楽文化研究』第19号が発行されました

20.04.03

『音楽文化研究』第19号 が発行されました。

『音楽文化研究』(ISSN 1346-7050)は、聖徳大学大学院音楽文化研究科・聖徳大学音楽学部・聖徳大学音楽文化研究会が刊行する研究論文誌です。

第19号は、以下の2本の研究論文と4本の研究ノートを収録しています。

【論文】

高橋 健介「モーツァルト《コシ・ファン・トゥッテ》のレチタティーヴォ・セッコにおける通奏低音の進行 — 定型と特殊音形による表現 —」

村治 学「村治流に至る尺八家元の流れ」

【研究ノート】

佐藤 悠太「リヒャルト・ヴァーグナー 歌劇《妖精》をめぐって — 作品理解のための予備的考察」

鳥井 俊之「5音へのアプローチ — 学習練習曲とショパンエチュードの連続性と発展」

八杉 忠利「対位法講義 — 西洋音楽の根幹を成す二声対位法の技法を習得する —」

 

なお、バックナンバーの論文・研究ノートの一部は、PDF版をダウンロードできます。第19号のPDF版は現在準備中です。
『音楽文化研究』

お問合せ:聖徳大学音楽学部事務室 Tel. 047-703-0111

____________________

ブログ記事「聖徳大学音楽学部へようこそ!」(2020年4月1日)

ブログ記事「受験生のための期間限定WEBレッスン受付中」(2020年3月13日)

聖徳大学WEBオープンキャンパス

PAGE TOP