音楽学部 演奏学科 音楽総合学科

音楽の故郷を訪ねて⑨(最終回)~ウィーン中央墓地訪問から帰国へ~

18.09.20

←詳細はこちらをクリック

__________★__________

9月19日(水)、帰国の朝を迎えました。
大作曲家たちが数多く眠る、ウィーン中央墓地を訪れました。

誰もが知る著名な作曲家たちのお墓が集中している区画を訪ね、ガイドさんから説明を聞きます。用意したお花を、自分の思いを届けたい作曲家のお墓に手向ける学生たち。

写真右がベートーヴェン、左上はシューベルト、左下はヨハン・シュトラウス2世とブラームス。作曲家たちの生きた証を演奏しているみんなは、どのような気持ちで祈りを捧げたのでしょうか…。

__________★__________

現地での最後の昼食は、空港近くのレストランにて、ビュッフェ形式でいただきました。このお菓子は、オーストリアのクレープ「パラチンケン」をケーキ型にしたもの。

続いて、ウィーン滞在中、大変お世話になったオーストリア国家公認ガイドの豊島さんに感謝と御礼のセレモニーを行いました。豊島さんには10数年にわたり、音楽学部の研修旅行をサポートしていただいています。みなに対して熱いエールを送ってくださいました。

__________★__________

いよいよウィーンともお別れです。日本へはロンドンで乗り継ぎ、9月20日(木)夕方、無事、全員元気に帰国しました。

解団式ののち、それぞれ帰途に就きました。

9月10日にスタートした、10日間のパリ・ウィーン研修旅行。「本物教育」が謳われている聖徳大学の学生たちが、音楽の故郷ヨーロッパの地へ出向いてまさに「本物」と出会い、文化のありようを心と身体でまるごと感じ取った経験は、忘れがたい一生の財産になることでしょう。この実り多い研修の成果を、今後の学生生活の様々な側面で活かしていただきたいと思います。

最後になりますが、この旅行のすべてに関わってくださった皆様に心から感謝し、厚く御礼申し上げます。

*引率、ブログレポート(文および写真):音楽総合学科教授 山本まり子
※写真撮影は許可された場所でのみ行い、またすべての方にブログ公開の許諾を得てあります。

【関連記事】海外研修
音楽の故郷を訪ねて⑧~足を使ってウィーンを味わい尽くす~(2018年9月19日)
音楽の故郷を訪ねて⑦~レクチャーからシェーンブルン宮殿へ~(2018年9月18日)
音楽の故郷を訪ねて⑥~歴史と芸術文化を全身で感じた1日~(2018年9月17日)
音楽の故郷を訪ねて⑤~音楽の都ウィーンへ~(208年9月16日)
音楽の故郷を訪ねて④~世界の文化・芸術を堪能~(2018年9月15日)
音楽の故郷を訪ねて③~パリの音楽の過去と現在~(2018年9月14日)
音楽の故郷を訪ねて②~パリの醍醐味を満喫~(2018年9月13日)
音楽の故郷を訪ねて①~3年生が海外研修に出発!~(2018年9月11日)

***

お問合せ:聖徳大学音楽学部事務室 Tel. 047-703-0111

聖徳大学は、がんばる高校生を応援します!

音楽学部ブログ記事一覧はこちら

PAGE TOP