短期大学部 保育科

「アートパーク13~カラフルミュージアム~」が開催されました!NO.1

20.10.16

「アートパーク13 カラフルミュージアム」が、10月4日(日)に開催されました!

今年のアートパークは、「見るアートパーク」として、地域の方々の協力のもと、大学と短期大学部、松戸市柏市の中学校美術部が公園で展示を行いました。

保育科は、保育園きぼうのたから、保育園きぼうのつばさ、保育園ケヤキッズと連携して、子どもたちの作品を公園の大きな空間にインスタレーション。共同制作や個人作品としての鑑賞とともに、1つの大きな子どものアート空間を創作しました。

当日の朝、スタッフ全員が検温、消毒をしてから打ち合わせが始まりました。

私たち保育科一部1年生と二部2年生も、緊張しながら地域の方々や先生のお話を聞いていました。

展示のタイトルは「みやびきっず」

子どもたちが、墨汁を使って制作した共同制作や個人作品です。初めて聞く雅楽の曲に合わせて描きました。曲の旋律がとても印象的だったようで、その時の驚きや感動が伝わってくるようなエネルギーのある作品でした。

展示会場に、ロープを張り、そこに、子どもたちの作品を、間隔やバランスを考えながら展示していきます。長い距離のロープ張りは、地域の方がお手伝いしてくれました。

開場の時間になると、たくさんの親子が公園にやってきてくれました。

子どもたちは、同じ年齢の子どもの描いた作品に興味があるようで、楽しそうに見ていました。また、自分の描いた作品を見つけた子どもは、誇らしげにお母さんやお父さんに見せていました

自分たちの会場の展示がひと段落したら他の会場の鑑賞に出かけました。学部の方々の展示や、中学生の作品が素晴らしく、アートに触れる楽しさを味わうことができました。

*撮影のため、一時的にマスクを外しています。

学生たちの感想は、「アートパーク13~カラフルミュージアム~」ホイクカ女子の感想に掲載します。

 

担当は北沢でした。

PAGE TOP