短期大学部 保育科

もうすぐ初めての実習!その前に…

20.10.13

9月中旬から順次クラス毎に実施しているホイクカ女子初めての実習「附属幼稚園実習」。四つの附属幼稚園に分かれて実施します。

今回は10月中旬から実習を開始するクラスの「直前指導」の様子をレポートします!

 

ご指導してくださるのは附属幼稚園の園長先生です。

園長先生は保育科の卒業生!ホイクカ女子の憧れの先輩でもあるのです。

幼稚園での運動会が迫っている中、運動会のリハーサルを終えて、そのまま駆けつけてくださった園長先生。実習中、運動会に参加する学生は園長先生の服装も参考になったようです。

 

園長先生からは、実習で何を行うのか具体的な内容、持ち物など準備しておくこと、実習録を書くときのポイントだけでなく、「子どもの命を守る」ことの重要性などについてもお話をしていただきました。

 

では、当日の学生の表情や、学生の受講した感想をご紹介します。 

子どもと接することへの楽しみが増えました。

 

実際働いている先生方を見ることが出来る、子どもたちと関わることが出来るという嬉しさが沸いてきました。

 

実習は何のために行うのか、何を大切にするのかを改めて真剣に考えました。 

何をするのか、何を学ぶのかがわかり、頑張ろう!という気持ちになりました。

 

色々なことに積極的にチャレンジし、成長していきたいと思いました。 

私が将来先生になった時に苦労しないように、しっかり取り組みたいです。

 

自分の行動に責任を持ち、今まで学んだことを活かせるように頑張ります!

実習が楽しくなるか辛くなるかは自分の気持ち次第というお話を伺い、頑張ろうという気持ちになりました。

 

保育学生として実習するという責任や意欲が高まりました。たくさんのことを学び将来の夢につなげたいと思います。

 

※この指導では教員と学生の間に距離を充分にとり行われました。

***************

 

色々なことを実習で経験し、多くのことを吸収しましょう!保育者になるという夢への大きな一歩になるでしょう!

担当は小畑でした。

PAGE TOP