短期大学部 保育科

授業紹介【児童文化Ⅰの2】

20.01.17

2年生の選択科目の一つ、児童文化Ⅰ〜2

前回は、『パネルシアターの製作と演じる様子』を紹介しました。

今回は、『手袋で作る人形』を紹介します。

わー、かわいい! かわいい!

ホイクカ女子は、この人形どのように作ったのでしょう。

―手順―

①首の部分の筒を作る

②手袋の準備をする

③手袋に綿を入れる

④頭(かしら)をつくる

⑤顔に目や口をつける

⑤人形の頭(かしら)ができたら、洋服を作り、縫いつける

手順に沿って紹介します。

ー首の部分となる筒作りー

自分の指に合わせてフエルトを丸め、針と糸を使って筒状に縫います。

―手袋の準備―

人形の頭と指になる部分を作ります。

ハサミをいれる部分に、マジックで印をつけるといいんだね。

―綿を入れますー

これ全部使うの?  そうです。

こんなにたくさんの綿を入れるのか、と驚きのホイクカ女子

頭には多くね、指の部分に入れる綿は細くして。

 

実際に入れてみると、なかなか入らない。

ギュギュっとね。力を入れてよ。

―頭をつくろうー

ほら、みてみて、だんだんできてきた!

 

―顔を作ろうー

目を付けるよ。

目が飛び出していると、子どもに引っ張られちゃう。

ギュッと絞るようにするの。

目がつくと、思わずにっこり!

何て名前にしようかな。

 

―人形の頭に洋服を付けたら完成ー

あっちでもこっちでも、笑顔、笑顔、笑顔

世界に一つだけの『私の手袋人形』が完成しました。

 ホイクカ女子は、この手作りの指人形を使って楽しい劇を演じ、子どもたちに見せてくれることでしょう。

次回は、ペープサートについての学習です。

 

担当は塚本でした。

PAGE TOP