児童学部児童学科

馬場ゼミ ピアノが好きだから聖徳へ!

18.06.22

皆さんこんにちは!
今回は、馬場みどり先生の「馬場ゼミ」にお邪魔してきました。
馬場先生のご専門は、ピアノと幼児音楽の研究。ゼミも音楽室で行われています。
ちょうど4人で連弾をしているところでした。
息がぴったり!途中で入れ替わっても、曲が途切れません。すごい!

 

続いてそれぞれの演奏を、馬場先生に見ていただきます。

 

演奏のつぎは、和音の勉強。ハーモニーを知ることによって曲の理解が深まるのです
馬場先生が「ミッキー・マウス・マーチ」をいろいろな和音を用いて弾き比べてくださいます。

 

「音にふくらみが出るね」「これはロマンチック!」「譜面どおりだと、少し物足らないかも…」
みなさんの感覚も鋭い!どんな理由で、馬場ゼミを選んだのか聞いてみました。

 

「私は、子どものころからピアノが大好きで、ピアノを活かせる職業に就きたいと考えました。そこで、幼児教育が学べる大学を探したのですが、どこもピアノは2年しか勉強できないところばかりでした。それでは物足らなくて、私は聖徳大学に進学することにしました。プロのピアノの先生から4年間ピアノを学べる大学は、他にありません!もちろん、ゼミもピアノがたっぷり学べるところを選びました!」

 

「私もピアノが大好きで、ピアノと幼児教育を学びたくて聖徳大学に入りました。ピアノを弾くことも好きですが、良い演奏をするためには曲に対する理解を深める必要があると感じていました。馬場先生に和音について教えていただいて、曲の解釈が深まりました」

みなさん、本当にピアノが大好きなのですね!

 


今後、馬場ゼミではどんな活動をするのですか?

音楽と絵本の「大学生と子どものためのお話会」を、附属図書館の「こどもとしょかん」で行う予定です。
その時は、自分でアレンジした曲を演奏予定。
附属幼稚園の子どもたちも聞きに来てくれると良いですね!
「聖徳のピアノの授業は初心者の学生にも対応しています。聖徳大学へ入学が決まってからピアノの練習をしたという人も、たくさんいるので安心して下さいね」と、馬場先生。

ピアノが心配な方も、ピアノが学べる大学を探している方も、馬場先生から音楽の楽しさを教わってみませんか!

 

★「児童学部長が答えます!AO入試エントリーシートの書き方ポイント!!(2018年度版)」の情報はこちらをクリック!
聖徳大学児童学科で一緒に学びましょう!

(児童学部)

 

PAGE TOP