児童学部児童学科

保育の聖徳の伝統 ようこそ先輩(幼保版)が開催されました

18.05.15

皆さんこんにちは!
今回は、5月13日(日)に開催された「ようこそ先輩(幼保版)」とミニオープンキャンパスの様子をお伝えします。
聖徳大学では毎年,幼保の現場で活躍するベテラン卒業生(4年目以上)とこの春幼保の現場に飛び込んだばかりの採用1年目卒業生を招き,これから就職活動を行う大学4年生を含めた交流会を行っています。

 

午前の部では,採用1年目卒業生が,実際に幼保の現場で働く中で出てきた課題や悩みについてベテラン卒業生に相談し,アドバイスをもらいます。

 

「私も1年目はとにかく無我夢中で、辛くて泣きたくなったこともありました」「周りの先輩先生のやることをまずは真似してみましょう」など親身になって話を聞いてもらい,採用1年目卒業生にも笑顔が広がります。

 

今回は,隣室で行われたミニオープンキャンパスに特別にベテラン卒業生も参加!
ベテラン卒業生が,保育の仕事,現場に出て改めて分かった児童学科での学びの魅力について高校生に伝えました。

 

附属幼稚園での実習や聖徳のピアノ、海外研修など,「保育の聖徳®」と呼ばれるのには理由があるんです。
保育現場で活躍する先輩の言葉には自信と説得力があります。

 

午後の部では,ベテラン卒業生と4年生が交流しました。
これからの就職活動に期待と不安でいっぱいの4年生たちが,ベテラン卒業生の先輩を囲み,仕事のこと,就職活動のことなど積極的に質問をしていました。

 

「何でも聞いて!」と頼もしい先輩に,「仕事に就いて良かったことは何ですか?」「採用試験にはどうのぞんだらいいですか?」・・・「お給料はどうでしょう?」ちょっと聞きにくいことも先輩になら相談できます。

 

生き生きと,堂々と日々の仕事について話すベテラン卒業生に4年生も将来の自分の姿を重ね,これからの就職活動に前向きに挑戦する気持ちが強まったようです。

 

こんなふうに先輩と後輩のつながりができるのも,聖徳大学の魅力の1つですね。まさに「保育の聖徳®」の伝統がなせる技です。
ベテラン卒業生の皆さん,ありがとうございました。採用1年目卒業生の皆さんもよく来てくださいました。
大学4年生の皆さん,そして高校生の皆さん,いつかベテラン卒業生として,「ようこそ先輩」に来てくださいね。

 

次回のオープンキャンパスは5月27日(日)です。詳しくはこのブログでも紹介していきます!水野先生(しまじろう先生)の体験授業も開催予定です!

★水野先生のブログで今回のミニオープンキャンパスが紹介されています。こちらをクリック!

★水野先生のブログで「ようこそ先輩(幼保版)」が紹介されています。こちらをクリック!

(児童学部)

PAGE TOP