心理・福祉学部 社会福祉学科

オンライン授業継続の中 『丁寧な暮らしをする』学生の紹介です♡

20.07.02

皆さん こんにちは。養護教諭コース2年B組担任の久米です。

5月から始まったオンライン授業も やっと折り返し点を通過しました。
教室で学生たちの顔を見ながらの「対面授業」が 「ごく当たり前の日常」だったのに、「オンライン授業」という聞き慣れない授業形式が課されて独学し、毎日授業の動画作成とアップデートに追われています。

幸い今年度は、担任しているクラスの学生の大半が 私の担当する授業を履修してくれていること、それからSeitoku Academic Literacy Ⅲという担任が受け持つ必修科目があるために、学生たちの大凡の様子を知ることが出来ています。

そんな中、クラスのある学生がリフレクションシートに 心温まるメッセージを書いてくれたので、皆さんにもご紹介したいと思います。

「朝起きたら布団を整えて 窓を開け 朝日を見る」
「たまにはお昼過ぎから手の込んだ夜ご飯を作ってみる」
「水回りは常にピカピカにする」
「庭で野菜を育てる」
「部屋にはお花を飾る」

いや~、ついこの前まではどれもが私の「ごく当たり前の日常」だったはずなのに、怒濤のように過ぎていく毎日ですっかり忘れていたことばかりでした。

このメッセージに触れて以来、私も生活を一新しました。
朝起きて、すぐに机に向かわずに、まず窓を開けて 朝日を見る
手の込んだ夜ご飯は作れませんが、毎日手作りの夜ご飯を作る
水回りは 常にピカピカとは行きませんが、気がついたら後回しにしないで掃除する
庭では ミニトマトと 白と緑のゴーヤを育て始めました
花は部屋に飾らずに 庭でエンゼルトランペットと 百合が大きく育っています

学生にとても大切な暮らし方を再認識させて貰い、残りのオンライン授業を学生たちと一緒に乗り越えたいと思う今日この頃です。

皆さんはどんな毎日を送っていらっしゃいますか?

高校生の皆さんとはオープンキャンパスで、学生の皆さんとはきっと再開する対面授業でお目に掛かれる日を楽しみにしています。

PAGE TOP