多様化する福祉ニーズに応えた3つのコース。高度な知識と技術を身につけた社会福祉のプロを育てます。

心理・福祉学部 社会福祉学科 │ 聖徳大学

  • 福祉と人間教育
  • ソーシャルワーカーになりたい!社会福祉コース
  • 介護のプロをめざして!介護福祉コース
  • 「保健室の先生」になりたい!養護教諭コース

☆2月18日(日)オープンキャンパス報告☆

24.02.18

本日、来校型のオープンキャンパスを実施しました。ご来場いただきました高校生、保護者の皆様、ありがとうございました。多くの方にご参加いただき、とても賑やかなOCになりました。

今回のメイン企画は、「聖徳での夢のかなえ方教えます!」です。夢をかなえて卒業する3名の4年生から、4年間の学びについてリアルに語ってもらいました。

インタビュアー:学科教員の須田先生
左:岡田華緒さん(養護教諭&社会福祉士受験資格) 真ん中:竹本幸乃さん(養護教諭&保育士)
右:宮原優夏さん(社会福祉士&精神保健福祉士受験資格)

『どんな自分を目指して入学しましたか?』

 ⇒宮原さん:スクールソーシャルワーカー(SSW)を目指していた。学科内に養護教諭コースがあるので、学校で勤務する立場の人と一緒に学べることに利点を感じた。竹本さん:自分に自信をつけたいと考えていた。養護教諭に憧れはあったが、他の人との違いや強みを持ちたいと思い、養護教諭に加えて保育士の資格取得と目指した。岡田さん:福祉の視点をもった養護教諭になりたいと思った。

『授業での学びを通してどのように成長しましたか?」

 ⇒岡田さん:養護教諭が行う保健学習の授業では模擬授業を行った。他の学生の授業を参観し、子供の立場に立った声掛けの仕方、具体的な配慮について身についた。竹本さん:救急処置の授業では演習や事例検討を通して実際の場面をイメージすることができた。保育の授業では保護者支援、幼児期から児童期へのスムーズな支援について学んだ。宮原さん:就労支援の授業では、子供の未来を見据えて今できることを考える、本人の強みを将来に活かすという視点が身に付いた。

『授業以外で影響を受けたことは?』

 ⇒岡田さん:教育実習。養護教諭への志向性が向上した。竹本さん:学習塾でのアルバイト。ケアをされていた立場からケアをする側への視点の転換ができた。宮原さん:グループホームのアルバイトや子供のフリースペースのボランティア。第3の居場所の重要性を体験的に学ぶことができた。

『なりたい自分になれましたか?」

 ⇒岡田さん:採用試験に合格して一歩踏み出した状態。実務経験を積んでいきたい。竹本さん:70%。現場での経験を積んで、さらに理想に近づけたい。宮原さん:将来SSWになるために、まずは実務経験を積むという一歩を踏み出せた。

 3名の4年生のお話はいかがでしたでしょうか。夢をなかえるための大学での学びや学生生活、大学卒業後の自分を具体的にイメージすることはできましたか。まだまだ進路に迷われる高校生にとって、少しでも参考になるお話でしたら幸いです。

今後のオープンキャンパスでも、多様な企画をご用意してお待ちしております。毎回新しい発見があると思いますので、ぜひ次回以降も足を運んでみてください。 (文責:湯原)

介護の魅力発信!動画撮影🎦

24.02.26

聖徳大学社会福祉学科のブログにお越しいただき、ありがとうございます。
今回は、“介護の魅力”を発信するために学内で動画撮影を行った様子をご紹介します。

この取り組みは、松戸市とNPO法人 Smile Resourceが協働で行っている「松戸の介護プロモーション事業」の一環として、介護保険制度をわかりやすく発信すること、介護の魅力を発信することを目的として行われています。
今回は「松戸市内で介護を学べる学校」として、聖徳大学、松山福祉専門学校、松戸向陽高校3校合同の紹介動画作成のための撮影でした。

撮影では、高校生ナビゲーター(松戸向陽高校の生徒さん2名)に学内の設備を案内し、その後、高校生からのインタビューを受けました。

ナビゲーターの、あみさん、りおなさんは、初めて聖徳大学にいらしたそうですが、一緒に大学構内をまわってみて「すごくキレイ。そして、広い」「(川並弘昭)記念図書館が、学校じゃなくて、施設の図書館みたい」etc…の感想が聞かれ、大学キャンパスのアカデミックな雰囲気を感じてくれた様子でした。

今回のブログに掲載している写真、撮ってくれた助手和田さんによると「オフショットを意識して撮影してみました」とのこと。
完成版の動画と照らし合わせると楽しいかもしれません。
動画は今春、松戸市介護保険課公式YouTubeチャンネルに掲載予定です。よろしければご覧いただけると嬉しいです。
ブログをお読みいただき、ありがとうございました。今回の投稿は、佐藤がお届けしました。

PAGE TOP