多様化する福祉ニーズに応えた3つのコース。高度な知識と技術を身につけた社会福祉のプロを育てます。

心理・福祉学部 社会福祉学科 │ 聖徳大学

  • 福祉と人間教育
  • ソーシャルワーカーになりたい!社会福祉コース
  • 介護のプロをめざして!介護福祉コース
  • 「保健室の先生」になりたい!養護教諭コース

7/21(日)オープンキャンパスのお知らせ

24.07.10

暑い夏の日が続いていますね。。。暑い夏といえばFes(フェス) ですね!

7/21(日)のオープンキャンパスのテーマは・・・『社福オーキャンFes!!』

社会福祉学科のFesとして、充実した1日プログラムを用意しています。

午前中の1つ目のプログラムは、在学生に色々と質問できる「教えて!キャンパスライス」。 全コースの学生が参加予定ですので、たくさん質問してキャンパスライフをイメージしてみましょう。

2つ目のプログラムは、 どんとこい、入試「エントリーシートの書き方」 盛り上げ上手な横井先生が入試の準備をお手伝いします!

午前のプログラム一覧です

午後の1つ目のプログラムは、「学科説明」。 教員と学生より、学科のことを丁寧にお伝えしたいと思います。

2つ目のプログラムは、「社福オリジナルツアー」。 社会福祉コース、介護福祉コース、養護教諭コース別に学内のツアーを行います。ツアー先ではミニ体験授業も実施します!

午後のプログラム一覧です

社福オーキャンFesに是非お越しください!お待ちしております。                  

(文責 宇佐美)

卒後研修会 開催のお知らせ(9/22)

24.07.05

社会福祉学科卒業生の皆さん

お久しぶりです。

皆さん、お元気ですか?

大きな気温差と暑さが増す中、体調管理も大変なことと思いますが、くれぐれもご自愛ください。

さて、毎年恒例の卒後研修会及び、社会福祉学科同窓会総会の時期となりました。

今回の研修では、「組織内でのより良い人間関係づくり」をテーマに、アサーティブコミュニケーションを予定しています。

また、コロナ明けということもあり、学外の飲食店での親睦会も予定されています。

教員一同、皆さんの参加を心待ちにしていますので、元クラスメートともお誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

社会福祉学科卒後研修会

2024年度会長 向井智之

学科長コラム⑫木版印刷と浮世絵に見る芸術性

24.07.03

みなさん、こんにちは。

学科長の山田でございます。

前回の「活版印刷」から「木版印刷」へ。

浮世絵がテーマです。

この度、聖徳大学グループの諸教育機関の教職員、後援会役員の方々が集まっての合同研修会が、静岡県の伊東市で開催されました。第50回という大きな節目に出席させていただきました。講話で学び、関係者の皆様方と懇親を深める良い機会となりました。

帰路は熱海で途中下車し初めて「MOA美術館」を訪れました。美術館の立地、構造そのものの芸術性が高く、美術館の建物も美術館から見える景観もとても美しい眺めでした。

写真 美術館の入り口です
美術館内の写真撮影スポット

企画展示は浮世絵の大家である「歌川広重」でした。「東海道五十三次」の作品から描かれた当時と現在の姿を重ね合わせての展示はワクワクするものでした。広重ブルーを初めとしてゴッホやモネに影響を与えた歌川広重の表現力、技術力の高さ、構図のユニークさには圧倒されます。

左:現在の地域写真と当時描かれた絵の比較:右


東海道五十三次の終着点:京師(京都)


また、最後の展示にデジタル画像を大きく拡大し動画化し、あたかも映画の世界に入り込んだ錯覚を与える映写も楽しめる内容でした。

時間にして2時間。あっという間でした。じっくりと浮世絵の世界に入り、集中することによるリフレッシュは得難い時間でした。大好きな美術館グッズを購入し、帰りの新幹線は「東海道五十三次」広重の解説本を読みながら余韻を楽しみました。

みなさんのリフレッシュできる楽しみは何でしょうか。

ぜひ、教えてください!

介護福祉コース4年間の集大成!

24.07.13

皆さん、こんにちは
介護福祉コースでは、本日(令和6年7月13日土曜日)、
介護実習Ⅳ報告会と介護事例研究発表会を開催しました。

【介護実習Ⅳ報告会】
 介護実習Ⅳの実習は、介護老人福祉施設での1か月に及ぶ実習なのですが、
その中で変則勤務(早番・遅番・夜勤)を経験します。
また、一人の方を対象者にした介護過程の展開を行うという、
まさに介護福祉士を目指す学生にとって、集大成というべき実習です。
 今回の報告会では、介護実習Ⅳで学んだことはもちろんですが、
自分が目指す介護福祉士像や、社会人となり学生に対して指導する立場となった際に、
どのような指導者になりたいかなど、近い将来を見据えた内容も報告されました。
今回の報告会では、下級学生からの質問も多く、その質問に的確に応える4年生の姿に、
成長が実感できるものとなりました。

【令和6年度 介護事例研究発表会】
 コロナ禍にあって、実習施設の方をお招きできない時期が続いておりましたが、
今年度は実習施設の方にもお越し頂き、介護事例研究発表会を開催することができました。
 介護事例研究とは、一人の対象者を受け持ち、その人らしく生きること、よりよい生活とはという視点で、情報収集・分析・統合を行った介護計画を実施・評価していく過程で、対象者との関わりから学んだことをテーマを示して検討していくものです。
 実習中だけの関わりに留まらないよう、実習後にも施設の皆さんの協力で継続できるような計画が実施できており、対象となってくださった方にとっても何らかの効果が期待できる内容の発表となりました。
下級学生にとっては、これから学んでいく内容も多く、どのような点に気を付けるべきなのか、介護計画が思うように進められない時はどのようにいたらよいのかなど活発な質問があり、実習施設の指導者の方や4年生からは、具体的な支援内容などに関する質問が多く出されました。
 また、お越しくださった実習施設の指導者の方から、介護福祉士という仕事は、やりがいのある仕事であること、ぜひ介護福祉士として社会で活躍してほしいとのエールを頂き、4年生の表情がキリっと
したのは、特筆すべき点かと考えます。

介護福祉コース4年生の皆さんには、
今後も春学期の期末試験があり、秋学期のも卒業論文の発表、就職活動、国家試験受験と盛りだくさんではありますが、今日はゆっくり休んでください。お疲れ様でした。
(文責:石井)

PAGE TOP