多様化する福祉ニーズに応えた3つのコース。高度な知識と技術を身につけた社会福祉のプロを育てます。

心理・福祉学部 社会福祉学科 │ 聖徳大学

  • 福祉と人間教育
  • ソーシャルワーカーになりたい!社会福祉コース
  • 介護のプロをめざして!介護福祉コース
  • 「保健室の先生」になりたい!養護教諭コース

学科長コラム⑪:小さな島の活版印刷

24.06.03

みなさん、こんにちは。
学科長の山田でございます。

梅雨の季節に入りました。

雨にぬれた紫陽花の花がことのほか美しい季節です。
今回のテーマは「活版印刷」です。



みなさんは活版印刷をご存じでしょうか。
私たちは誰もがPCやスマホで作成した文章を簡単に印刷できるデジタル時代にいるわけですが、活版印刷は写本や手書きの時代から、はじめて大量印刷を可能にし、近代化に大きな役割を果たした印刷技術です。日本では活版印刷の前に木版印刷技術があります。世界的に有名な浮世絵芸術は木版印刷技術を背景に発展したものです。



現在、科研費採択研究で長崎県の小値賀島に通っています。

人口2100人の小値賀町。その島に「活版印刷」を営んでいる「晋弘舎」があります。

経営者は産休を明けてママになって間もない四代目の横山桃子さん。



写真は2010年に訪問した時のもので、先代の桃子さんのお父様です。

訪問してまず驚かされるのが活字の数々。数えきれないほどの文字が壁に並んでいます。この中から必要な活字を拾い、必要な活字を集めたら、組んで「版」を作っていきます。活字で文章を組み創り上げていく作業です。何万字とある活版文字から一つひとつもくもくと組みあげます。活字を拾って、版を組んで、印刷して、職人技の域が必要です。


効率化や便利さ優先の時代の中で、活版印刷は手間暇がかかります。手を動かして、頭を使って、身体も動かして、版組みに集中、没頭する時間も必要。出来上がったものには手間暇かけた温かみが感じられます。そこには効率性、便利性優先ではなく、時間はかかるけれども、ものを生み出す過程・時間を大事にする、その時間を愛おしむゆったりした時間の流れがあります。

現在、小値賀観光で「活版印刷体験」が注目を浴びています。
皆さんも一度体験されてはいかがでしょうか。


おちがへ、こんね!(小値賀へいらっしゃい)


千葉県民の日は社会福祉学科へ!

24.05.31

こんにちは
教員の池田です。
新1年生は、4月にフレッシュマンキャンプ、5月9日は大学から柴又まで徒歩で行きながら松戸を知るチャレンジDAYなど、さまざまな行事を体験してきました。
今度は、夏季休暇中に行われる志賀高原へ向けて、準備を始めるところです。
担任をしているAクラスは、大学生活や友達にも馴染んできたようで、和気あいあいな雰囲気。
グループワークも意見を出し合ったりと盛り上がっております。
大学生活を謳歌している感じが、教員としてはまぶしく、うらやましくもあります。

さて、6月15日は、千葉県民の日。
聖徳大学では、特別企画があります!

我が社会福祉学科は、豊田宗裕先生がご担当されます。

授業テーマ:「地域福祉の学びについて」

~内容~
現在、地域社会で起こっている様々な生活問題(8050やひきこもり、ヤングケアラーなど)を紹介し、ソーシャルワーカーのしごとの広がりやその面白さ、また奥深さについて紹介をしていきたいと思います。

大学の授業に参加して、自分が進もうとしている学問の面白さに確信を持ててもらえればと思います!

お楽しみにしていてください。


学びたいがそこにある!
6月15日 聖徳大学で待っています!! ぜひいらしてください

毒蝮先生プロジェクト会議報告:聖徳祭に向けた準備進行中

24.06.10

皆さん、こんにちは。社会福祉学科養護教諭コースの永野です。

6月10日(月曜日)に行われた毒蝮先生プロジェクトの会議についてご報告します。

初めに、聖徳祭実行委員会の会議が先日行われたので、その情報を共有しました。その中で企画書の詳細を詰めたり、再検討が必要な部分について話し合いました。

責任者と副責任者の候補を挙げ、スムーズに決定することができました。責任者は養護教諭コース2年の井手口さん、副責任者に須田先生です。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

次に、企画書の詳細について話し合いました。タイトルの決定にあたり、毒蝮三太夫先生と損保ジャパン相談役の遠藤健様のお名前が来場者にきちんと伝わるようにする案が出ました。様々なデザイン案を検討し、最適なものを選びましたので、今後その案をもとに制作を進めていく予定です。また、会場の選定に向けて下見の日程を立て、会場運営や動線の確認を行うことにしました。

今回の会議で決まった大まかな内容は、毒蝮三太夫先生と遠藤健様による対談形式とすることです。対談の司会進行はプロジェクトのメンバーの下田さんと、社会福祉学科の2年生から1名を選出し、2人MC体制で行うことになりました。


本日の会議はとてもスムーズに進み、多くの意見が出されました。先生方もたくさんの案を出してくださり、感謝しています。今後もブログにて、会議の様子や内容をupしていきます┏○ペコ

どうぞよろしくお願いします。

PAGE TOP