看護学部看護学科

看護実践力を高める3年次の実習(Part3)急性期看護実習

20.12.29

2020年がもうすぐ終わろうとしています。今年は、新型コロナウィルスに翻弄された1年でした。日々、ケアに向き合う看護職・医療職のみなさまに、心より感謝申し上げます。

コロナ禍のため臨地で実習を行うことが制限されるなか、3年生は日々、学内実習に取り組んでいます。今回は、手術を受ける人の看護を学ぶ急性期看護の実習を紹介します。

手術を受けた人は、身体に手術の痕(傷)ができ、たくさんの管が入ったり、身体の状態が変わりやすいため、注意深い観察が必要です。傷ついた身体の回復についての理論をふまえ、今、どのような状態か、今後どのような状態になる可能性があるかを考えます。そして、順調に回復するために必要な看護を考え、実践します。少人数グループに教員1名がつき、手術前から退院するまでの看護を徹底的に学習することで、学生の思考力は確実に高まっています。

受験生のみなさん、2021年がみなさんにとって、幸多き1年になりますように、心からお祈りしています。

ただいま、一般選抜、大学入学共通テスト利用選抜入試の出願を受付中です。

チャンスは4回!スケジュール、授業料免除情報の詳しくは→こちら
Webで出願もできちゃう!→こちら

キャンパスを見てみたい!じっくり相談に乗ってほしい方に向けて、事前予約制でキャンパス見学承ります(平日・土曜)。ぜひご利用ください。

ご予約は、こちらです。

PAGE TOP