看護学部看護学科

茶道部紹介(緊張と安堵を体感する)

19.04.26

3月中旬の河津桜が咲くある日。

看護学部の3年生が「先生、今日はお作法を習う日ですからいらしてください」とご招待に来てくれました。

聖徳大学には茶道などを学ぶ和室『和香庵』があります。

この教室で本格的に茶道や華道を学ぶことができます。

「今日は自分で着付けをしてみました。襟を合わせるのが難しかったです。」と青地に小菊の総刺繍が美しい着物姿で私をむかえてくれました。学生は4月で4年目の茶道部員で、今までも授業が無い日に習いに来ていました。

 

茶室に入ると、まもなくお稽古。お茶の先生と、松戸の皆さまと、茶道部のメンバーとで、可愛いお菓子と共にお点前を習います。しかしお稽古中は笑顔の学生も一瞬で緊張に変わります。

 

柔らかな光が入る和室と経験豊かな先生と松戸の皆さまが、学生を暖かく育ててくださっていると確信しました。

看護の場面も時には緊張が走ります。茶道部の中で緊張と安堵を体感している学生は、きっと看護の緊張の場でも心地よい笑顔をもってくれるでしょう。

 

看護学科は、5月12日に「看護フェスタ2019」を開催します。

高校生には「進学相談コーナー」が準備されており、多くの在校生と話すことができますので、お越しください。

PAGE TOP