短期大学部・保育科 │ 聖徳大学

附属幼稚園実習体験発表会

22.07.05

聖徳ホイクカでは、毎年、2年生から1年生に伝える「附属幼稚園実習体験発表会」を行っています。1年生にとって、附属幼稚園実習は初めての実習です。事前に学んで準備をしていますが、一番、心強いのは実際に実習を体験した先輩方からの話です。実習ではどのようなことをすればよいのか、準備で気をつける点など、先輩ならではの体験談を聞くことができます。

2年生にとっても、春学期は保育所実習や北海道学外研修等があり、忙しい時期ですが、後輩たちに少しでも体験が伝えられるよう、自作のスライドも準備しました。

スライドで説明を進めながら、実際に先輩方が行った部分実習について、自作の教材等の紹介を行います。

1年生は、先輩方がつくった教材を見て、早く自分も作りたい!と思えたのではないでしょうか?

部分実習で使った絵本なども紹介しました。絵本は子どもの発達や季節に合ったもの、そして数冊選んでおいた方が良いこと等、きめ細かく伝えていきます。

実習での服装や使用するものなども、どのようなものが使いやすいか等、先輩方が実際に使ったものを見せながら説明します。

2年生は、実習は大変だけれど、頑張って取り組むことで、何よりも自分が成長できたことを1年生に伝えていました。

1年生は、先輩方の1話を聞き、真剣にメモをとっています。このメモが、実習では役に立った話なども聞き、後で見返した時に分かりやすく書けるように考えながら書くことができました。

説明の後は、直接、先輩方が質問に答えてくれます。マンツーマンで先輩方が相談にのってくれるので、1年生の不安も和らいだようです。そして先輩方の記録した実習禄を見せていただき、さらに実習を具体的に感じることができたように思います。

体験発表会を終えた2年生、、、1年生に上手く伝えられたでしょうか?

自分たちの体験を伝えることで、1年前、先輩に伝えていただいたことを改めて振り返り、自分たちの成長を感じることができたとともに、1年生にも、また来年、新たな後輩につなげて欲しいという想いも強くなりました!!

PAGE TOP