短期大学部 保育科

幼児教育実習が終わりました!

21.12.10

  1. 2年間の学びの最後の実習が終わりました。2週間の実習を終えてまもなく事後指導が行われました。実習での学びはどうだったのか、先ずは自己評価をしていきます。

今回の自己評価は、実際、幼児教育実習Ⅱで使われる評価表を用いて行われます。
実習で、「学んだこと」「頑張ったこと」「思うようにできなかったこと」などを、振りかえながら自分の学びに向き合います。静かな教室で、それぞれが文字を書く音だけが響いていきます。

今度は、実習前に立てた「目標と課題」に照らし合わせながら、自分の実習を振り返ってみます。ホイクカ女子の顔は真剣そのものです。

「自己評価をしてみて、これは出来たと思うことは?」という質問に対し、「責任実習など、事前に準備したことが教材研究につながった」「実習初日、指導案を用いるようにと指導され、いくつかの指導案と製作活動の見本を持参したことが良かった」と、実習における事前準備をしっかりしたことが良かったという意見が多数!

いろいろな失敗を経験しながらも、幼児教育実習を終えたホイクカ女子は、声を揃えて「とても楽しい実習だった」「保育って面白いと思った」と!
ようやく、笑顔に戻ったホイクカ女子でした。

報告はキムでした。

PAGE TOP