短期大学部 保育科

ある工作から感じたこと

20.07.28

5歳の女の子がシールで遊んでいました。スケッチブックにぺたぺたシールを貼ったら、透明の台紙が残りました。

 

すると、「ちょっと待ってね~」と工作が始まりました。

 

「まだ見ないで~」と言いながら、白い紙をチョキチョキ切っています。「何が出来るんだろう」待っていると・・・完成したのはフェイスシールドでした!!

「これでばっちり!!」と自信満々です。

 

子どもはよく観察しています。大好きな先生の姿を、自分の遊びに取り入れます。

 

子どもの安全を守るため、試行錯誤しながら懸命に保育をする保育者の思いが、ちゃんと子どもに伝わっているんだなぁ、と感じた瞬間でした。

 

新たな日々の保育に感謝したいと思います。

以上、森岡の感じたことでした!

※写真は許可を得て掲載しています。

 

PAGE TOP