短期大学部 保育科

授業紹介【児童文化Ⅱ〜2】折り紙遊びから育まれる保育者の心

19.10.29

子どもの文化と遊びを扱う児童文化Ⅱ〜2折り紙あそびを中心に、保育者としての心を育てる、2年生の選択科目です。

折り紙でどんな表現ができるのか、ホイクカ女子は学んでいきます。

1月に成果発表会が行われますが、それまでの授業の様子を随時ご紹介していきます。

 

今回の授業のテーマは「折り紙でおはなしづくり」。

 

保育室の壁面に貼って、子どもたちに見てもらうことを想定し、自分で考え、作品を作っていきます。

「これからやろうとする行事を楽しんでもらいたい」「お散歩コースの秋の風景って素敵でしょう」などと、想像力をふくらませ、子どもが喜んで見てくれそうな作品のテーマを考えます。

 

イモ掘り、どんぐり拾い、お散歩、運動会、お菓子の国、雲の上…

 

ホイクカ女子はテーマが浮かんだら、「こういう配置でこんなことしたいな…」と構成イメージを下描きに描いていきます。

下描きが完成したら、友達にどんなイメージなのか伝えます。人に話すと、自分のイメージがよりハッキリしますね。また、友達の“いいね”を見つけると、自分のアイディアもさらに膨らみます。

 

イメージがはっきりしたら、これまでに作った折り紙の動物を下描きに配置します。

ここかなぁ、でも、やっぱりここかなぁ…

悩むなぁ…

 

悩んだときは先生に相談!!

色々なアドバイスをいただけます。

この折り紙も、

先生のアドバイスによって…

ほら、止まっていた動物たちが、動き出しました!!

なるほど~ ホイクカ女子、納得の表情!!

こちらは、プリンとブタさん。おやおや、ブタさんがプリンに顔を突っ込んでいますよ。とってもユニーク

どのように配置するかで、雰囲気がずいぶん変わりますね。

みんな真剣です。

ときには友達と意見交換しながら作業を進めます。

葉っぱはどんな形かなぁ?

細かなところも折り紙で丁寧に作って表現します。

折り紙で表現する世界は、色彩がとても鮮やかで、見る者の想像力をふくらませ、なんだか心が豊かになってきます。

どのように折るか基本を学び、どのような世界を表現するか、どのように配置するか、自由に自分なりに知っていることを使って応用する…折り紙の世界は奥が深いですね。

 

あと5ヶ月で本当の「先生」になるホイクカ女子たち。

いつでも目の前に子どもがいることをイメージして、学びを深めていきます。

子どもを笑顔にする引き出しを、できるだけ多く自分のものにできるように…

 

今後のホイクカ女子の作品が楽しみですね!!

 

以上、森岡でした。

 

 

PAGE TOP