心理・福祉学部 社会福祉学科

2年ぶりの在学生オリエンテーションが開催されました!

21.03.29

みなさま こんにちは! 介護福祉コースの小櫃です。
今回は、先日行われた在学生オリエンテーションについておしらせします。

新型コロナウイルスの感染拡大により、昨年度は実施できなかった「在学生オリエンテーション(在オリ)」が、3月27日(土)、オンライン併用で無事に実施されました。
良い天気に恵まれ、窓をフルで開けても寒さなどは感じない環境のもと、2年ぶりに学年全体での集まりに、私たち教員はもちろんのこと、学生の皆さんも感慨深いものがあったようです。
密を避けるために、学内で最も大きな教室の7301教室で、10時半から3年生、13時から4年生、15時から2年生の順番に行われました。
はじめに学科長からは、2020年度の振り返りとして、就職状況、各国家試験の合格率などの報告の後、昨年1年間学業で頑張った学生さんに対し、大学からの表彰である「奨励賞」「努力賞」「激励賞」の紹介があり、皆さんでその栄誉を称えました。
その後、2021年度に何をしなければならないのか、3・4年生には、キャリア支援室からの説明や、3年生には教務委員から課程登録の説明などが詳しく行われました。
新2年生にとっては、学年全体で集まるのは今回が初めてであるため、より具体的に科目履修や実習についての説明がありました。
設定された時間内にさまざまな伝達・説明が行われ、何とか時間内に終了することができましたが、このようにスムーズに在オリが開催できたのは、担任や担当、助手の先生方の綿密な打ち合わせや準備のおかげと実感しています。
大学は、今日から新年度体制になります。4月1日(木)には入学式が予定されますが、新1年生を迎えるためにも、それぞれ進級した学生さんたちが気持ちを新たにした在オリだったのではないかと思います。

 

PAGE TOP