看護学部看護学科

ワクチン接種に協力しました!!  ―聖徳大学では、新型コロナウイルスワクチン大学拠点接種を実施―

21.10.15

聖徳大学・聖徳大学短期大学部では、学生・教職員の安心安全を考え、学内の医師免許、看護師免許を持つ教職員等が協働して、新型コロナワクチン大学拠点接種を実施しました。

対象は、本学学生、教職員及び家族(附属機関も含む)、近隣の教育関係者です。接種期間は7月末~9月末までです。

 

私たち看護学部の教員も看護師として、積極的に、ワクチン接種に協力しました。

薬液充填、ワクチン接種、接種介助、待機中の健康観察など、看護技術の原理原則を遵守しながら、緊張感を持って任務にあたりました。

新型コロナウイルスワクチンは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19 )の発症を予防する高い効果があり、また、重症化を予防する効果も期待できます。なお、接種は希望者に行うものとし、強制するものではありません。

ワクチン接種後も感染対策は必要です。

<デルタ変異株流行中の感染対策のポイント>

  • 不織布マスクの着用(ウレタン・布マスクでは防げない)
  • 換気を積極的に
  • 人との距離を大きく(2メートル以上)とる
  • ワイワイガヤガしない(発声の有無・大きさ→より静かに)
  • 人数は少なく
  • 人との接触時間→短く
  • 黙食
  • 手洗い(石鹸と流水もしくは手指消毒)

 

成人看護学 崎浜智子(感染管理認定看護師/感染症看護専門看護師)

PAGE TOP