看護学部看護学科

【講義紹介】母性看護学援助論 演習「沐浴(もくよく)」

19.07.01

生まれたばかりの新生児(赤ちゃん)をお風呂にいれることを沐浴といいます。

現在も沐浴という言葉が用いられていますが、もともとは宗教用語で、

産道を通り血液が付着した新生児の穢 (けが) れを除くための清浄儀礼とされています。

新生児の新陳代謝はとても盛んです。

そのため、皮膚のかぶれや湿疹を予防するために沐浴が必要となります。

そして、言葉を発することのできない新生児のために、私たちは注意深い観察力を養い、

声にならない訴えに耳を傾けていくことがとても大切です。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP