音楽学部

「松戸クリスマス音楽祭」に学生がコーラスアンサンブルで参加

19.12.08


「音楽学部実技特待制度」詳細

____________________

去る11月24日(日)、旧伊勢丹前のキテミテ広場にて、聖徳大学音楽学部有志が「第8回松戸クリスマス音楽祭」に参加し、コーラスアンサンブルを披露しました。

グループ名は “piacevole quartetto” 。
自分たちでMC を入れながらステージを進行していきました。

演奏したのは、
Nコン課題曲の「君の隣にいたいから」
ジブリの「いつも何度でも」
クリスマスソングの「すてきなホリデイ」や「ジングルベル」など。

演奏を終えた学生たちからは、こんな声が聞かれました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

「今回の演奏会はこのグループで初めての舞台でした。初めてということもあり、段取りなどがてこずってしまったりしましたが、本番では楽しく歌うことが出来ました。今回の反省を生かし、さらに良いものを造り上げたいです。」(T さん)

「私たちのグループは結成して日も浅いため、経験不足で戸惑う事も多かったですが、無事に歌い切ることができ、嬉しい気持ちと安堵の気持ちで溢れています! また、協力してくださった先生方やスタッフの方々、本当にありがとうございました。今回のクリスマス音楽祭は、私たちにとって一つのゴールであると同時に、次のステージへのスタートとなりました。この経験を生かし、さらにレベルアップした演奏を目指していきます!」(I さん)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

一般の方に素敵なクリスマスプレゼントができたのと同時に、学生も自分たちの成長を実感できたようです。

お問合せ:聖徳大学音楽学部事務室 Tel. 047-703-0111

____________________

音楽学部の「新しい学びのスタイル」については こちら

 

PAGE TOP