音楽学部

音楽の故郷を訪ねて⑥~ウィーンでのレクチャーとオペラを満喫~

17.09.17

音楽学部3年生の海外研修6日目。まず秋の気配の感じる清々しい市立公園を散策し、ヨハン・シュトラウスの像の前で記念撮影をしました。

ウィーン市立公園ヨハン・シュトラウス.jpg

午前中の大きなイベントは、ウィーン国立音楽大学でのレクチャーです。

一講目は、ワルター・フライシュマン教授による「音楽の演奏上での原理と法則性、そして記譜法の限界」について。ピアノという楽器の特性と楽譜に示すことの出来ない様々な演奏上の表現について、詳しく説明していただきました。楽譜に書かれたことを数学的に忠実に演奏した場合と、音楽的に解釈して演奏した時の違いを、実際に演奏で示してくださり、理解しやすく有意義な学びとなりました。

フライシュマン教授レクチャー.JPG

二講目は、作曲家・指揮者・クラリネット奏者のクルト・シュミット教授が「西洋音楽における歴史上の発展」というテーマで、バロック音楽から近現代音楽の歴史についてお話してくださいました。実演を交えたレクチャーで教えていただいたのは、作曲家と時代のメンタリティーの違いを理解することが重要だということ。学生たちはここでも、熱心にノートを取りながら講義を受けていました。

シュミット教授レクチャー.JPG

レストランでオーストリアの家庭料理の昼食をとった後、ウィーン国立歌劇場の場内と舞台機構の見学に行きました。豪華絢爛な歌劇場―。説明を受けながら見学した学生たちは、感激ひとしおだったようです。夜のオペラ鑑賞への期待が益々膨らんで行きました。

歌劇場見学.JPG

一旦ホテルに戻った学生たち。久しぶりの日本食のお弁当をいただきました。そして着替えを済ませてバスで再び国立歌劇場へ。

ウィーン国立歌劇場.jpg

鑑賞したオペラ《フィガロの結婚》は、素晴らしい演技・歌唱とオーケストラの演奏でした。学生たちにとって、一生忘れることの出来ない貴重な経験と思い出になったことでしょう。

先日ニュースにもなっていましたが、今シーズンから各座席の前にある画面装置に日本語の字幕が表示されるようになり、学生たちも内容を特に深く理解できたようです。

歌劇場記念写真.jpg

オペラ鑑賞が終わりホテルに到着したのは11時過ぎになりましたが、興奮がさめやらず、なかなか眠れない学生も多かったようです。この日は、研修旅行で一番のハイライトとなる記念すべき1日になりました。〈続く〉

【関連記事】音楽学部3年生ドイツ・オーストリア研修旅行
音楽の故郷を訪ねて~ドイツ・オーストリア海外研修①~(9月12日)
音楽の故郷を訪ねて②~フランクフルトからミュンヘン、そしてザルツブルクへ~(9月13日)
音楽の故郷を訪ねて③~美しきザルツブルク~(9月14日)
音楽の故郷を訪ねて④~モーツァルトの生誕地で知る歴史の重み(9月15日)
音楽の故郷を訪ねて⑤~ザルツブルクから音楽の都ウィーンへ~(9月16日)

***

PAGE TOP