短期大学部 保育科

公務員採用試験 合格 おめでとう!

22.01.22

ホイクカオープンキャンパスのお知らせ!~進路決定のためのスタートダッシュ! キャンパス体験ツアーで保育科を知ろう~1月23日(日)10:30~12:30

みなさん、こんにちは。

今日は公務員(公立保育士)採用試験に合格したホイクカ女子Mさん、Sさんのご紹介をします。MさんもSさんも、1年次から公立保育士に憧れ、努力し、自分の夢をかなえることができました。

Mさんも、Sさんも公立保育士試験で最も難しかったのは“面接”だったそうです。でも二人とも授業の合間に保育科の先生方が集団面接のトレーニングをしてくださったおかげで、面接にも自信をもって臨むことができました。

そこで、二人の“模擬面接”の場面をご紹介します。

お昼時間でしたので、Mさんはまずは急いで昼食をとりました。

Mさん、Sさんが受験する自治体(市)は集団面接が課されるので、主に集団面接の練習をしました。

Mさんは、他のホイクカ女子の意見をメモをとりながら、真剣に聴いています。そして自分の意見を明確に述べます。ここで大切なことは、論争をすることではなく、参加者全員で一緒に適切な結論を出すことです。

次はSさんです。

Sさんも参加者の意見を真剣に聴き、メモをとり、自分の意見を明確に述べています。

同じ時間帯で、他のホイクカ女子は個別面談のトレーニングを受けていました。その場面を少しご紹介します。清潔な身なりで、姿勢を正して、面接官の質問に答えます。

最後に、Mさん、Sさんに“模擬面接”を受けてのメリット、そしてどのような保育者をめざすか、語っていただきました。

 

Mさんは…

  • 模擬面接のメリット…本番に安心できる材料になるのはもちろん、“保育”や“公立保育士”に対する自分の気持ち・考えをしっかりと固めることができました。
  • どのような保育者をめざすか…目の前の子どもにふさわしい保育を模索し考えながら学び続けて、成長し続けられる保育者を目指します。

 

Sさんは…

  • 模擬面接のメリット・・・試験当日を意識して面接をすることができ、一つの質問に対して掘り下げた質問をしていただけたことで、当日も緊張せずに臨めました。
  • どのような保育者をめざすか・・・穏やかな雰囲気を活かして、子ども達が安心して過ごせる環境作りをしていくことや、一人ひとりの良さを引き出せるような保育者になりたいです。

 

Mさん、Sさん、有り難うございます。ステキな保育者になってください。

高校生の皆さんへ。あなたも保育科に入学して、公立保育試験にチャレンジしませんか?充実したプログラムで公立保育士試験合格を目指します。

 

担当は岡田でした。

PAGE TOP