短期大学部 保育科

今、寮生の生活は?

20.08.14

コロナ禍における寮生の様子はどうでしょう。

寮ではホイクカ女子がどのような生活を送っているか、聞いてみました。

今、約3割の寮生がそれぞれの寮で生活をしています。対面での実習事前指導を受講するために寮に戻ってきました。

しかしこの時期、感染対策が心配ですね。ホイクカ女子は寮でどのように過ごしているのでしょうか。

 

食堂では、普段なら椅子がもっとあるのですが、三密対策として現在は対面で座らないようになっています。また自分でマグカップを用意し、それを使うようにしています。

毎日の学習は、PCとにらめっこです。ピアノ室では、マスクを着用して行うようになり、ピアノ室使用時間の記入やピアノを使用する前後には手洗いをするなど予防に気を付けています。それでも、やっぱり本物のピアノで練習できるのは良いですね。

授業で作った作品を見せてくれました。

作品の1つ目は、児童文化という授業で作った<マラカス>です。それを使って楽しく踊ります。2つ目は、地域貢献の授業のゼミで作った<首振り人形>です。

 

2つとも自分が考えたものを実際に作ってみるというもので、身近にあるペットボトルの中にビーズを入れ周りに好きな動物を張り付け<マラカス>に、もう1つはかわいい紙コップを重ね、好きな動物を張り付けた<首振り人形>です。自分の作ったもので子どもたちと一緒に遊び、笑顔が見られる日が来ることを願っています。

 

<ホイクカ女子のコメント>

寮生活は、集団生活のため、マナーやルールを守ることの大切さや協調性、自己管理力など、成長に繋がることもたくさんあります。

感染拡大防止のため、今までのように、多くの友達と一緒にお風呂に入りおしゃべりをしながら食事をすることもできなくなりましたが、少数でも友達がすぐ近くにいて、いつでも話すことができ、分からないこともすぐ聞くことができるため、楽しい生活を送っています。

しかし授業もオンラインになり、科目ごとの課題があり、また学校の友達と会う機会も減り、楽しいことも少なくなりました。以前のように大学での楽しい対面授業をしたいと思いました。この状況になって改めて、対面で受ける授業の重要さや楽しさや、友達と考え、教え合いながら一緒に頑張っていくことの大切さを感じました。

 

担当は岸田でした。

PAGE TOP