短期大学部・保育科 │ 聖徳大学

大ホールに満ち溢れたピアノの音色!続編

19.12.13

先日ご紹介したピアノ演奏会の続編をお届けします。 (前回記事はこちら→大ホールに満ち溢れたピアノの音色!)   この演奏会にはピアノ経験者だけでなく、入学時は初心者だったホイクカ女子も出演しています。 え?!初心者でも出演できたの?そこには初心者ならではの苦労などがあったに違いありません。 とても気になったので、インタビューをしてみました。  
演奏会に出演したいと思ったきっかけは?
「昨年、仲のいい先輩がオーディションにチャレンジしていたことに憧れ、私もオーディションにチャレンジしました!」 見事にオーディションに合格!2台4手で出演ができました!!  
練習は順調でしたか?
「譜読みがなかなかできなかったり技術が追いつかなかったりして、相手に迷惑をかけてしまうのでは、という焦りがありました。そんな中、譜読みから丁寧にご指導してくださる先生や、私が上達するまで気長に待っていてくれた相手による支えがとても大きかったと感じています。」  
演奏会に出演してどうでしたか?
「本番では、落ち着いて楽しみながら演奏することができました!」 これは経験者でもなかなかできないことですね! 「大きな舞台で演奏させていただけたこと、たくさんの方々に支えられ応援していただけたことに感謝しています。この演奏会を通して、高い目標に向かって努力をすることの大切さを学びました。就職してからも常に高みを目指して自己研鑽に努めることや、感謝の気持ちを忘れずに生活することを心がけたいと思っています。」と語ってくれました。 演奏会に出演して学べるのは、決して音楽だけではないのですね。 人間的に大きく成長できたようです!  

担当は小畑でした。

PAGE TOP