短期大学部 保育科

7月7日は、★★★ 七夕 ★★★

18.07.17

前日の6日(金)10:30~  ホイクカ女子のサマーコンサートが行われました。

入り口で、“おりひめ”と“ひこぼし”が皆さまをお出迎え。

「今日はサマーコンサートだよー」

 

ホイクカ女子(1年生)の手作り

短冊に『お願いごと』を書いてもらって、この人形につけて笹に飾ります。

私たちが作りました。

 

2年生のサマーコンサート

表示をアーチ形にしたのは、『虹』を表しているそうです。

仲間と協力してサマーコンサートの表示を窓に貼り付け、その後は簡単な打ち合わせをしています。手際よく準備できるのは、さすが2年生!

 

さあ、はじまり、はじまり・・・

何が始まるのかな、興味をもってそばに来るお子さんもいれば、

自分のしたい遊びを続けているお子さんもいます。どんな状況にも笑顔ホイクカ女子。

表情には、ゆとりと自信が伺えます。

サマーコンサートでは、特別、静かにしなくてもよいのです。

お母さんにだっこされて、お母さんの膝の上で、

お母さんのお隣で、好きな遊びをしながら・・・・

それぞれの楽しみ方でいいのです。

それがサマーコンサートの素敵なところ。

 

 

コンサートは、こんな【ストーリー】で展開しました。ホイクカ女子が考えたストーリーを簡単に紹介します。

ホイクカ女子は、気球にのって海に行きました。すると島を見つけます。島には、果物の木がありました。その果物でジュースを作ります。おいしいジュースを飲んだあとは、海の中の生き物を探しに行きます。

そのうちにお腹がすいてきて、アイスクリームが食べたくなりました。いっぱい遊んで、楽しい気持ちで家に帰って行きます。また明日ね。

ストーリーに沿って歌ったのは、『うみ』『南の島のハメハメハ大王』『ぼくのミックスジュース』

『アイスクリームの歌』『きらきら星』

 

トーンチャイムという楽器を鳴らしながらの演奏でした。

 

ホイクカ女子が手に持っている楽器がトーンチャイム

演奏が終わって・・・一緒にあそぼう!

お子さんやお母さんにもトーンチャイムに触っていただいて「きらきら星」を一緒に演奏しました。

赤ちゃんから、1歳、2歳のお子様方、その保護者の皆様に楽しんでいただきました。

雨の降る中でしたが、11組、24名の方にご来場いただきました。ありがとうございました。

 

笹に飾られた短冊を見せていただくと・・・

・毎日、笑顔でたのしくあそべますように

・すくすく大きく成長できますように

お子様の成長を願うお母様の気持ちが表現されています。お子さんのなりたいもの(夢)が書かれているものもありました。

 

   

この場所は、聖徳大学10号館の子育てカレッジ『親子でゆるりん』です。

0歳児~2歳児の子どもと親の集いの場です。

また、遊びに来てくださいね。

 

当日の様子は、こちらから見られます。

PAGE TOP