短期大学部・保育科 │ 聖徳大学

新入生オリエンテーション

18.04.10

入学式の翌日から、新入生オリエンテーションが始まりました。4月3日は、1年生と2年生(オリエンテーション委員)の交流会です。

交流会とは、1年生が安心して学生生活を送れるよう、大学での学びや生活について2年生が伝え、話し合う会です。

 

2年生のリードで交流会がスタート。

<伝える2年生>

・大事なことは、しっかりメモを取ることよ

・課題が多いけど、ためないでやれば大丈夫

・提出物の期限は遅れちゃダメ

・実習の時に着る洋服、持ち物、そして、どんなことに気を付けるのか など

 

作品を見せながらの説明 わかりやすい!

2年生の成長が感じられ、教員も嬉しくなりました。

 

<受け止める1年生>

真剣にメモを取る…

1年生からの質問は?

・ピアノ初心者だけどだいじょうぶですか。

・クラブ活動、できるんですか

 

<より近くで語り合う

2年生の作品を手に笑顔も

なんか楽しそう…

しゃがんで説明する2年生

1年生を思う気持ちの優しさが見えます。

 

2年生は一年前を思い出し、この日のために、製作した作品や実習で使ったエプロンなど、いろいろなものを準備してくれました。

オリエンテーション委員の言葉

「私は、去年、オリエンテーション委員の2年生を見て、自分も来年やろうと思って委員になりました」

素敵なことですね。2年生がモデルになっていることがわかります。

 

2年生の体験を交えた話は、一年生にどのように映ったのでしょう。

1年生の真剣な表情から、「私もやってみよう」「大変そうだけど、楽しそう」「2年生ってすごいな」そんなことを感じていたように思いました。

 

1年生の皆さん、困った時には、先生や2年生に質問してみましょう!

PAGE TOP